ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業畜産業伝染病宮城県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について

宮城県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の遺伝子解析及び高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月25日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年3月25日
高病原性鳥インフルエンザ対策本部事務局
農林水産部農林水産総務課
担当:早坂(022-211-2880)
農林水産部畜産課
担当:及川(022-211-2884)

 宮城県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜について,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門における検査の結果,高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。

 また,当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて,NA亜型が判明し,「H5N6亜型」であることが確認されましたので,お知らせいたします。

(1)概要

 農林水産省は,本県で発生した高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門における検査の結果,高病原性と判定される塩基配列であることが確認されました。

 これを受け,「高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき,当該家きんを患畜と判定しました。

 また,当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて,検査の結果,NA亜型が判明し,「H5N6亜型」であることを確認したと公表しました。

(2)その他

 当該農場は,感染が疑われるとの報告があった時点から,既に飼養家きん等の移動を制限しています。

 なお,家きん卵,家きん肉を食べることにより,鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されていません。

 鳥インフルエンザは,現地で取材される際などに,靴底や車両などからウイルスが拡散する懸念があります。

 取材ヘリコプター等に起因する地元住民の皆様方からの苦情や防疫作業等への影響が懸念されます。このため,農場はもとより,その周辺農場への取材については,厳に慎みくださるよう御協力をお願いします。

 今後とも,できる限り情報提供に努めますので,生産者等の関係者や消費者が根拠のない噂などにより混乱することがないよう,御協力をお願いします。 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。