ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業畜産業伝染病高病原性鳥インフルエンザ発生農場での防疫措置の完了について

高病原性鳥インフルエンザ発生農場での防疫措置の完了について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月27日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年3月27日
高病原性鳥インフルエンザ対策本部事務局
農林水産部農林水産総務課
担当:早坂(022-211-2880)
農林水産部畜産課
担当:及川(022-211-2884)

 家畜伝染病「高病原性鳥インフルエンザ」の患畜が確認された農場について,3月27日午前2時5分に防疫措置が完了しました。

(1)防疫措置の概要

3月24日(金曜)午前2時40分:疑似患畜の確認

3月24日(金曜)午前3時:殺処分開始

3月26日(日曜)午前4時32分:殺処分完了

3月27日(月曜)午前2時5分:発生農場の防疫措置完了

(2)今後のスケジュール

《清浄性確認までの最短の場合》

3月27日(月曜):防疫措置完了

4月7日(金曜):清浄性確認検査※開始(防疫措置完了から10日経過後)

4月11日(火曜):検査結果判明予定(搬出制限区域解除)

4月18日(火曜)午前0時:移動制限区域解除(防疫措置完了から21日経過後)

※清浄性確認検査では,移動制限区域内の3農場を対象に,臨床検査,ウイルス分離検査,血清抗体検査を実施し,異常がなければ搬出制限区域を解除します。


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。