ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴令和元年東日本台風により発生した災害廃棄物(稲わら)の太平洋セメント(株)での処理対象市町の拡大について

令和元年東日本台風により発生した災害廃棄物(稲わら)の太平洋セメント(株)での処理対象市町の拡大について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月4日更新
担当課
記者発表資料

令和2年2月5日
循環型社会推進課

担当   川端
 (内線2681)

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

令和元年東日本台風により発生した災害廃棄物(稲わら)の太平洋セメント(株)での処理対象市町の拡大について

 

 宮城県では,令和元年東日本台風により,約12万トン超(推計)の稲わらが災害廃棄物として発生しており,県内外での広域処理を進めてきました。

 太平洋セメント株式会社大船渡工場では,これまで大崎市の稲わらの処理が行われてきましたが,同社の受け入れ枠の拡大を受け,下記のとおり,新たに石巻市のほか8市町での処理が開始されることとなりますので情報提供いたします。

1 受 入 先  

 太平洋セメント株式会社大船渡工場

 岩手県大船渡市赤崎町跡浜21-6

2 新たに処理委託予定の市町

石巻市のほか,名取市,角田市,岩沼市,丸森町,亘理町,山元町,涌谷町及び美里町の8市町

3 搬出開始日時等

  ○最初に搬出を開始する自治体 石巻市

  搬出開始日時 令和2年3月5日(木曜日)

     午前8時頃に積み込み開始予定⇒〈午前9時頃出発予定〉

  搬出場所   大谷地地区稲わら集積所 石巻市小船越字四番江63-1

※搬出等当日の問い合わせ先

石巻市生活環境部廃棄物対策課 菊地主幹

 (0225)95-1111【内線:3374】

  石巻市以外の8市町は,令和2年3月中旬以降に順次搬出を開始する予定。

4 廃棄物(稲わら)の処理総量

  大崎市を含む10市町合計で約2万3千トンの予定 (令和3年3月末まで)

5 その他

 宮城県は,太平洋セメント株式会社と災害廃棄物の処理等について,包括連携協定を締結している。

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。