ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課第二期宮城県ニホンジカ管理計画

第二期宮城県ニホンジカ管理計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月29日更新

 ニホンジカは古くから牡鹿半島と金華山に生息していますが,近年,生息域の拡大と生息密度の増加が確認されています。それに伴い,農林業被害の発生,車両衝突事故の発生等人とのあつれきが増大しています。また,強い採食圧により,森林が持つ公益的機能の低下や生物多様性の低下が懸念されます。

 これまでの対策により,捕獲頭数は増加したものの,依然として農林業被害が継続して発生しており,奥羽山脈における目撃情報も数多く寄せられていることから,今後,人とのあつれきや森林生態系への影響がさらに増大する懸念があります。地域に応じた適正な生息密度に誘導するため,「第二期宮城県ニホンジカ管理計画」を策定しましたので,お知らせします。

 

これまでの計画

計画一覧
名称 
牡鹿半島ニホンジカ保護管理計画(平成20年10月策定)計画本文 [PDFファイル/1.79MB]

牡鹿半島ニホンジカ保護管理計画(平成22年10月改定)

計画本文 [PDFファイル/1.51MB]

計画概要 [PDFファイル/16KB]

宮城県ニホンジカ保護管理計画(平成25年3月策定)

計画本文 [PDFファイル/1.07MB]

計画概要 [PDFファイル/159KB]

宮城県ニホンジカ管理計画(平成27年4月改定)

計画本文 [PDFファイル/1.15MB]

計画概要 [PDFファイル/159KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)