ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

脳脊髄液減少症について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

脳脊髄液減少症とは

脳脊髄液減少症とは,交通事故やスポーツ外傷などの衝撃により硬膜から髄液が流れ出し,頭蓋骨内の髄液が減少,脳の位置が正常に保てなくなって引き起こされ,脳と頭蓋骨をつなぐ神経や血管が引っ張られることで,激しい頭痛やめまい,吐き気などの症状が出るものです。

診断や治療について

平成28年4月から,「脳脊髄液漏出症」の画像判定基準・画像診断基準によって髄液漏出が確定・確実な場合には,ブラッドパッチ治療(硬膜外自家血注入療法)を健康保険適用として行えるようになりました。
診断や治療については,かかりつけの医師にご相談ください。

 

外部リンク

           脳脊髄液減少症を知っていますか?(CSF JAPANが独自に作成した医師専用のページです。)

               脳脊髄液減少症