ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 土地改良区組織運営基盤強化推進基本方針

土地改良区組織運営基盤強化推進基本方針

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月31日更新

 土地改良区は、昭和24年に制定された土地改良法に基づき設立され、これまで土地改良事業の実施及び土地改良施設や農業用水の管理を行なうなどの役割を果たしてきました。

 この間、農業を取り巻く社会情勢は変化し、農業所得の減少や担い手不足の深刻化、高齢化の進行など、年々厳しさを増しています。

 このような中で、土地改良区に対して、土地利用調整機能の活用や農地利用集積の促進、地域資源の維持保全など新たな役割が期待され、これらに応えられる体制の強化が望まれていることから、「土地改良区組織運営基盤強化推進基本方針」を策定し、土地改良区の組織基盤の強化を目指すものです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)