ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす震災・復興震災・復興震災・復興(7月5日追記)【廻館工区】震災から7年目の田植え復活!!~オクトパス君も出現?(田んぼアート)~

(7月5日追記)【廻館工区】震災から7年目の田植え復活!!~オクトパス君も出現?(田んぼアート)~

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月5日更新

 当支所が管内10工区で進める復興基盤総合整備事業(ほ場整備)により、次々に大区画農地が誕生しています。このうち廻館工区(南三陸地区)でも被災農地が水田に生まれ変わり、7年ぶりとなる「田植え」が復活しました!!

 廻館工区の作付状況(遠景写真)  H29廻館工区の水田作付&田んぼアートの位置図

        廻館工区の遠景         現場位置、作付エリア(※図面2枚) [PDFファイル/2.15MB]

 廻館工区・田植えの様子(1)  廻館工区・田植えの様子(その2)

        田植えの様子(1)                                  田植えの様子(2)

  営農の担い手は、同地区の被災農家で構成する「廻館営農組合」(西城 善昭組合長)です。組合員の方々は、新しく整地された約7ヘクタール分の田んぼに植栽機で「ひとめぼれ」や飼料用米の苗を順調に作付していきます。

 0528廻館・田んぼアート(田植え…その1)  0528廻館・田んぼアート(田植え…その2)

   「田んぼアート」イベントの様子(1)      「田んぼアート」イベントの様子(2)

 また、同組合では「田んぼアート」を企画、5月28日にイベントを開催しました。当日は、地元の児童やボランティア等による約50名の方々が参加し、一緒に赤米・黒米の苗を手植えして汗を流しました。

 田んぼアート(高台から)  オクトパス君のイメージ画像

     「田んぼアート」(高台から)           オクトパス君

 田んぼアートの図案は、南三陸町名産のタコをモチーフとしたキャラクター「オクトパス君」で、稲の葉が色づく7月頃に見頃を迎えるそうです。

 

【 7月5日 追記 】

 6月28日に撮影した画像です。作付された稲は、順調に生育しています。 

 廻館工区作付後の状況(※6月28日撮影)。稲の苗が青々と順調に成長しています。    6月28日撮影「オクトパス君」。稲の成長に伴い、田んぼアートの輪郭もはっきりとしてきました。

       作付後の様子                                            田んぼアート

稲の成長に伴い、田んぼアートも、その輪郭がはっきりとしてきました。

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)