ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす健康推進課平成26年度がん検診の精度管理調査結果について

平成26年度がん検診の精度管理調査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

平成26年度がん検診精度管理調査結果について

県内の市町村で実施されているがん検診について精度管理調査を行い,宮城県生活習慣病検診管理指導協議会での審議を経て,平成25年度検診の調査の結果がまとまりましたので,その概要を公表します。 

がん検診精度管理調査の趣旨

がん検診事業の質の確保を図ることは極めて重要であり,その徹底により,早期のがんをできる限り多く発見し,同時に不必要な精密検査を減らすことができます。
そのため,市町村で実施されているがん検診について,市町村と,市町村がその実施を委託している検診実施機関に関する各種指標の調査を実施するものです。

調査対象年度

平成25年度検診分

調査項目,評価の基準・方法

厚生労働省が設置した「がん検診事業の評価に関する委員会」において検討され,平成20年3月にまとめられた「今後の我が国におけるがん検診事業評価の在り方について-がん検診事業の評価に関する委員会報告書-」によるチェックリストを参考に,宮城県生活習慣病検診管理指導協議会の審議を経て,基準と方法を定めています。

市町村の評価に関して

(1)評価項目

1.検診対象者,2.受診者の情報管理,3.要精検率の把握,4.精検受診の有無の把握と受診勧奨,5.精密検査結果の把握,6.検診機関の委託(さらに大腸がん検診にあっては,検診方法),の内容の22~23項目に,精密検査受診率を加えた計23~24項目を調査対象としています。

(2)評価基準

(3)評価方法

  • 市町村から提出のあった評価項目への回答に基づいて,次の方法で評価しています。
  • A:「基準」を全て満たしている。
  • B:「基準」を一部満たしていない。(1~4項目満たしていない。)
  • C:「基準」を相当程度満たしていない。(5~8項目満たしていない。)
  • D:「基準」から極めて大きく逸脱している。(9項目以上満たしていない。)
  • E:回答がない。

(4)評価結果

検診実施機関の評価に関して

(1)評価項目
 1.受診者への説明,2.各がん検診に対応した検診方法の精度管理,3.システムとしての精度管理の16~26項目を調査対象としています。

(2)評価基準

(3)評価方法 対象となる検診実施機関から提出のあった評価項目への回答に基づいて,次の方法で評価しています。

  • A:「基準」を全て満たしている。
  • B:「基準」を一部満たしていない。(1~4項目満たしていない。)
  • C:「基準」を相当程度満たしていない。(5~9項目満たしていない。)
  • D:「基準」から極めて大きく逸脱している。(10項目以上満たしていない。)
  • E:回答がない。

(4)評価結果

その他

がん検診については,平成10年度に一般財源化された際,老人保健法に基づかない事業と整理されましたが,平成20年4月1日から,健康増進法第19条の2に基づく健康増進事業として位置づけられ,引き続き市町村において実施することとされています。
※宮城県生活習慣病検診管理指導協議会[PDFファイル/12KB]
がん等生活習慣病の検診の実施方法及び精度管理について,専門的な見地から適切な指導を行うために県に設置された附属機関です。
7つの部会がありますが,そのうち,胃がん部会,子宮がん部会,肺がん部会,乳がん部会,大腸がん部会の各部会において,それぞれのがん検診に関することについて審議されます。

過去の調査結果公表内容

がん情報ポータルサイトトップページに戻る
がん情報ポータルサイト
トップページに戻る

疾病・感染症対策室トップページに戻る
疾病・感染症対策室
トップページに戻る


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)