ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす事業管理課宮城県におけるCALS/ECへの取り組み

宮城県におけるCALS/ECへの取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月1日更新

宮城県のCALS/ECへの取り組み

 宮城県におけるCALS/ECの円滑で効率的な導入を図ることを目的として平成16年2月に「宮城県CALS/ECアクションプログラム」を策定しました。

取り組み

CALS/ECとは

CALS/EC全体イメージ図

「CALS/EC」とは、「公共事業支援統合情報システム」の略称で、公共事業に関する多くのデータベースを連携して使える環境を創出する取り組みである。
 その概要は、技術情報や調達情報を電子化し、関係者間で通信ネットワークを介した迅速・正確な情報交換・共有・連携を行うことで、事業の効率的・合理的な運営をしていこうとするものである。
 具体的には、公共事業の一連の流れ(調査設計、入札契約、施行、及び維持管理)の中で発注する文書、図面、写真等の各種情報を電子化し、インターネットを利用して関係者間および事業プロセス間で効率的に情報を交換・共有・連携できる環境を創出することである
 共有統合データベースを活用した次世代事業執行モデルイラスト

※説明図は国土交通省パンフレット等より抜粋
右上:「CALS/EC(公共事業のITによる改新)」より
下:国土交通省CALS/ECアクションプログラムより

参考リンク

お問い合わせ

宮城県土木部 事業管理課 工事管理班
電話:022-211-3186 Fax:022-211-3292
Email:d-koujik@pref.miyagi.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)