ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活支援担当の業務内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月15日更新

生活支援担当では、生活困窮者自立支援制度及び生活保護制度を担当しています。(女川町のみ)

生活困窮者自立支援制度

生活保護制度

生活保護制度のしくみ

 生活保護とは,病気や身体の障害,思いがけない事故など,いろいろな事情により真に生活に困った国民に対し,国が困窮の程度に応じて必要な保護を行い,最低限度の生活を保障するとともに,自立の手助けをする制度です。
 生活保護は,次にあてはまる場合,はじめて対象になります。

(1)世帯全体の収入が最低生活費(基準額)より下回っている。
(2)保有している土地,預貯金,生命保険,年金,各種手当,自動車等の資産を最低生活基準のために活用している。
(3)利用できる他の給付制度をすべて活用している。
(4)親,姉妹(兄弟)から援助を受けられない 等
最低生活費と収入の対比

 国の定める最低生活費(基準額)と収入を比較し,収入が少ない場合,その足りない分が保護費として支給されます。最低生活費は,世帯の人数や年齢によって異なり,収入には世帯全体のすべての収入(年金等を含む)が含まれます。

<保護が受けられる場合>

最低生活費
生活扶助+住宅扶助+教育扶助+介護扶助+医療扶助
収入保護費支給
(金額)
(医療費は現物)
収入充当額
(総収入-控除額)

                           ↑収入が最低生活費を下回るため
<保護が受けられない場合>

最低生活費
収入収入超過

                                          ↑収入が最低生活費を上回るため

扶助の種類

 保護は,その内容によって,次の8種類の扶助に分けられています。

 生活扶助,住宅扶助,教育扶助,介護扶助,医療扶助,出産扶助,生業扶助,葬祭扶助

こんなときに相談しましょう

  • 収入のある人が病気になり,収入が少なくて生活できない。
  • 家族が多く,現在の収入では生活できない。
  • 離婚や働いていた人の転出により収入がなくなり生活できない。
  • そのほかの理由により,現在の収入では生活できない。

生活保護の申請をするには

 生活保護は,原則として申請しなければ行われません。
 生活に困り保護を希望される方は,最寄りの保健福祉事務所,市社会福祉事務所,町役場,民生委員などに相談してください。

石巻市在住の方石巻市役所保護課電話95-1111(市役所代表番号)
東松島市在住の方東松島市役所福祉課生活保護班電話82-1111(市役所代表番号)
女川町在住の方女川町役場健康福祉課電話54-3131(町役場代表番号)


  申請書ダウンロードサービス(県社会福祉課HPへ)