ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市町村振興総合補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月13日更新

平成27年4月14日更新|地域復興支援課

目的

 分権型社会を迎え,住民に身近な自治体である市町村等においてできる限り地域の課題を総合的,主体的に解決できるようにするため,既存の県単独事業を統合・メニュー化し,その中から市町村自らが必要な事業を選択し,個性的・重点的な事業が推進できるようにしたものです。

市町村振興総合補助金対象事業

 市町村に対する県単独補助金のうち,災害対策,扶助費等の補助,国庫補助等に伴う義務補助等を除く,個別の41事業及び市町村提案事業で構成される43事業です。

市町村提案事業

市町村提案事業とは(概要)

 市町村の独自の課題や住民ニーズを的確に反映した事業で,事業実施の枠組みなどに創意と工夫が認められる先進的・モデル的事業

事業採択の際の評価ポイント

 補助対象経費等の要件のページ

  • 地域の独自性:地域の個性や特性に応じたまちづくり施策か
  • 先進性・モデル性:新たな手法を伴うなど新規性,先進性を持っているか
  • 市町村独自の創意・工夫:市町村の独自の政策形成・企画立案であるか
  • 必要性・緊急性:事業が必要とされる背景・緊急性はあるか
  • 住民意向・要望:事業に対する住民の要望はあるか
  • 有効性・効率性:事業の熟度や事業効果があるか
  • 県の政策誘導:県の重点施策等との整合性はあるか

採択事業一覧

市町村振興総合補助金圏域別配分額

市町村振興総合補助金設置要綱・実施要領本文及び別表

要綱・要領別記様式ダウンロード

市町村振興総合補助金補助金Q&A


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)