ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自然体験活動

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

 自然の中での遊びや自然観察,地域の中での社会体験や家庭でのお手伝いなど,子どもの頃の様々な体験が“生き方”の基盤となり,大人になったときの意欲やコミュニケーション力につながります。また,自然体験が多い子どもほど,自己肯定感を高くもつ傾向を示します。

これらのことから,青少年が自然の中での活動をとおして,自ら学ぶ力や豊かな感性,健やかな体を育めるように取り組みます。

県立自然の家

宮城県の雄大な自然の中での活動をとおして,広く県民の心身の健全な発達と心豊かでたくましく生活する実践力の向上を図る事業を展開します。

蔵王自然の家

zaohzao2zao4

雄大な蔵王山をエリアとした山型の自然体験活動を行うことができる自然の家で,東北最大級の活動エリアをほこります。

主に,登山,ハイキング,沢遊び・登り,アルペンスキー,ノルディックスキー等,一年を通じて山型の自然体験活動を行うことができます。

松島自然の家

matsushimamatsushima2matsushima4

東日本大震災により,施設が流出したことにより,現在再建中です。平成29年度春「野外活動フィールド」オープン予定です。

 宮戸島をエリアとしたキャンプ型の自然体験活動を行うことができる自然の家です。被災した自然の家であり,「宮城の防災教育の拠点」として,宮戸島の自然と文化に触れることを通して,自然との共生を学びます。

主催事業のほかに,出前事業も行っています。

松島自然の家再建に係る懇話会

松島自然の家再建事業に係る説明会

松島自然の家だより〔平成27年12月25日号〕 [PDFファイル/XXKB]

志津川自然の家

shidugawashidugawa2shidugawa4

南三陸の海をエリアとした東北唯一の海洋型の自然体験活動を行うことができる自然の家です。カッター,ヨット,シーカヤック等の海洋研修を行うことができます。

被災地にたつ自然の家として,避難民を受け入れ,避難所運営も行ってきました。まだグランドには仮設住宅がたっております。震災復興ツーリズムの拠点として,被災の状況と復興について学ぶこともできます。

利用申込

利用を希望する自然の家の「利用申込要項」等をご参照の上,次のとおりに必要文書等をご提出ください。
なお,利用申込要項や利用申込書類等の様式データは,各自然の家のWEBサイト(下記リンク)からダウンロードしてご活用ください。

≪提出書類≫ 利用申込申請書類,年間行事予定表または研修日程案等,返信用封筒(82円切手貼付)

≪提 出 先≫ 利用を希望する自然の家

≪提出期限≫ 各自然の家が設定する期日

青少年長期自然体験活動推進事業

県立自然の家を会場に,小学5年生から中学生までを対象とした長期(1週間程度)の宿泊体験を伴う自然体験活動を実施します。
子どもたちが集団の中でのかかわりをとおして,自主性や協調性を育み,よりよく行動する力を身に付けることを目指すプログラムです。

概要

青少年長期自然体験活動推進事業の表
事業名内容期日主会場
チャレンジ in 蔵王

・蔵王登山  ・野外炊飯  ・沢登り
・ニジマスつかみ  ・スコアオリエンテーリング
・星を観る会  ・創作活動 etc

平成28年
8月5日~8月11日
蔵王自然の家
サマー・チャレンジ in 南三陸

・サバイバル炊飯  ・いかだ作り・遊び
・シーカヤック  ・バナナボート  ・無人島探検
・磯観察  ・里山登山  ・化石採集 etc

平成28年
8月5日~8月11日

志津川自然の家

お問い合わせは,主会場施設(下記リンクページ参照)へお願いします。

  • 平成28年度事業の参加受付は終了しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)