ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大麻研究者免許申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

 大麻を研究する目的で大麻草を栽培し又は大麻を使用する際は,知事から大麻研究者免許を受ける必要があります。

提出書類

  1. 大麻研究者免許申請書 [Wordファイル/36KB]
  2. 法第5条第2項第1号に該当しないことを証する医師の診断書 [Wordファイル/18KB]
  3. 法第5条第2項第2号並びに成年被後見人及び被保佐人に該当しないことの誓約書 [Wordファイル/16KB]
  4. 研究目的書
  5. 履歴書
  6. 大麻草を栽培する者にあっては,栽培地の区域を明らかにした図面
  7. 大麻草を栽培する者にあっては,栽培地付近見取図(周囲2km)
  8. 研究に従事する施設の位置を明らかにした図面
  9. 大麻の保管場所の位置を明らかにした研究に従事する施設の平面図
  10. 大麻が盗難にあい,又は紛失することを防ぐために講ずる措置を記入した書類

手数料

  7,800円(宮城県収入証紙)
  ※収入証紙は,県庁売店,指定金融機関(七十七銀行など)等で購入できます。

提出先及び提出部数

【提出先】

 管轄する保健所・支所(仙台市内にあっては県庁薬務課)

【提出部数】

  正副2部(ただし,仙台市内の研究者は正本のみで可)  

    その他

      大麻研究者は,毎年の1月30日までに大麻研究者報告書を知事に提出しなければなりません。

       様式:大麻研究者報告書 [Wordファイル/17KB]