ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす薬務課経過措置期間の満了について(医薬品販売業)

経過措置期間の満了について(医薬品販売業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

薬事法の一部を改正する法律に基づく経過措置期間が満了することにより,許可証に記載のある有効期間にかかわらず,平成24年6月1日に以下の医薬品販売業許可が失効します。

(1)一般販売業許可(許可証の許可番号に「C」の記載のある方)

  • 平成24年6月1日以降も同じ店舗で医薬品販売業を営む場合は,新たに店舗販売業の許可が必要です。

(2)薬種商販売業許可(許可証の許可番号に「E」の記載のある方)

  • 平成24年6月1日以降も同じ店舗で医薬品販売業を営む場合は,新たに店舗販売業の許可が必要です。
  • 昭和35年以前に,旧薬事法による薬種商販売業の登録を受けた方は,平成24年6月1日以降も引き続き薬種商販売業を営めます。

(3)医療用ガス又は歯科用医薬品を取り扱う特例販売業許可(許可証の許可番号に「F」の記載のある方)

  • 平成24年6月1日以降も同じ店舗で医薬品販売業を営む場合は,新たに卸売販売業の許可が必要です。
  • 医療用ガス又は歯科用医薬品以外の医薬品を取り扱う特例販売業者の方は,平成24年6月1日以降も引き続き特例販売業を営めます。