ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課住民基本台帳人口及び世帯数(年報)

住民基本台帳人口及び世帯数(年報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月4日更新

住民基本台帳に基づく人口移動調査年報の概要(平成30年12月末現在)

1 概況

住民基本台帳に基づく平成30年12月末現在の本県の人口(日本人及び外国人)は,230万3098人(男性112万3318人,女性117万9780人)で,平成30年の1年間に8987人(▲0.39%)減少した。

このうち日本人の人口は,228万1915人(男性111万3401人,女性116万8514人)で,平成30年の1年間に1万71人(▲0.44%)減少し,5年連続の減少となった。

外国人の人口は,2万1183人(男性 9917人,女性 1万1266人)で平成30年の1年間に1084人(5.39%)増加した。

2 市町村別の状況

  • 人口増減状況を市町村別にみると,この1年間に人口が増加したのは5市村(4市1村)で,人口が減少したのは30市町(10市20町)となった。
  • 人口増加率は,大衡村(1.84%),岩沼市(0.20%),仙台市(0.19%)などで高い。
  • 人口減少率は,七ヶ宿町(▲2.52%),女川町(▲2.06%),丸森町(▲2.03%)などで高い。

3 自然動態

(1) 日本人

  • 出生者数は1万6253人(男性8291人,女性7962人)で,前年と比べ468人減少し,死亡者数は2万4520人(男性1万2481人,女性1万2039人)で,前年と比べ478人増加した。
  • 出生者数から死亡者数を差し引いた自然増減数は8267人(▲0.36%)の減少となった。
  • 出生率は前年比0.18ポイント低下し7.12‰,死亡率は0.26ポイント上昇し10.75‰となった。

(2) 外国人

  • 出生者数は85人(男性59人,女性26人)で,前年と比べ23人減少し,死亡者数は31人(男性 14人,女性 17人)で前年と比べ2人減少した。
  • 出生者数から死亡者数を差し引いた自然増減数は54人(0.27%)の増加となった。
  • 出生率は前年比1.36ポイント低下し4.01‰,死亡率は0.18ポイント低下し1.46‰となった。

4 社会動態

(1) 日本人

  • 転入者数は10万3266人で,前年と比べ1417人減少し,転出者数は10万5070人で,前年と比べ780人の減少となった。
  • 転入者数から転出者数を差し引いた社会増減数は1804人(▲0.08%)の減少となり,3年連続の社会減となった。
  • 転入率は前年比0.04ポイント低下の4.53%となり,転出率は前年比0.02ポイント低下し4.60%となった。
  • 年間の転入者数と転出者数を合わせた移動者数の合計は20万8336人で,移動率は9.13%となり,前年より0.06ポイント低下した。

 

(2) 外国人

  • 転入者数は7688人で,前年と比べ22人減少し,転出者数は6658人で,前年と比べ8人の増加となった。
  • 転入者数から転出者数を差し引いた社会増減数は1030人(5.12%)の増加となった。
  • 転入率は前年比2.07ポイント下落の36.29%となり,転出率は1.66ポイント下落の31.43%となった。
  • 年間の転入者数と転出者数を合わせた移動者数の合計は1万4346人で,移動率は67.72%となり,前年より3.73ポイント下落した。

                                                         

関連情報

宮城県住民基本台帳人口及び世帯数の推移(EXCEL形式)

※なお,このページに掲載していない過去の統計表は,県庁地下1階の「県政情報センター」で閲覧できます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)