ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課仙台市消費者物価指数(平成22年平均)

仙台市消費者物価指数(平成22年平均)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月14日更新

平成22年平均

1 概況

  • 総合指数は,平成17年を100として,99.1となり,前年に比べ0.8%下落となった。
  • 生鮮食品を除く総合指数は,98.6となり,前年に比べ1.1%下落となった。
  • 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は,97.2となり,前年に比べ1.3%下落となった。

総合指数の動き

2 10大費目指数の動き

平成22年平均の10大費目指数の動きを前年比でみると「住居」,「保健医療」,「交通・通信」,「諸雑費」が上昇となった。
「光熱・水道」,「家具・家事用品」,「被服及び履物」,「教養娯楽」は前年に続き下落し,「教育」が上昇から下落に転じた。

10大費目指数の動きの表
△上昇した費目 
 住居(+)0.2%家賃の値上がり
 保健医療(+)0.3%保健医療サービス,医薬品・健康保持用摂取品の値上がり
 交通・通信(+)1.0%自動車等関係費の値上がり
 諸雑費(+)1.0%たばこ,他の諸雑費,理美容サービスの値上がり
▼下落した費目
 食料(-)0.5%穀類,調理食品,菓子類の値下がり
 光熱・水道(-)1.1%ガス代,電気代の値下がり
 家具・家事用品(-)6.8%家庭用耐久財,寝具類,家事用消耗品の値下がり
 被服及び履物(-)2.1%履物類,下着類,シャツ・セーター類の値下がり
 教育(-)11.9%授業料等の値下がり
 教養娯楽(-)1.6%教養娯楽用耐久財,教養娯楽サービス,教養娯楽用品の値下がり

3 公表資料,統計表

過去の年報

関連情報


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)