トップページ > まちづくり・地域振興 > 都市・まちづくり > 開発許可 > 土地区画整理事業 > 土地区画整理事業/ハンドブック/意見書・不服申し立て

掲載日:2021年12月10日

ここから本文です。

土地区画整理事業/ハンドブック/意見書・不服申し立て

6.意見書・不服申し立て

事業計画等に意見がある場合、「意見書」はどのように提出するのですか

土地区画整理事業における「縦覧」には、「事業計画の縦覧」と「換地計画の縦覧」の2種類があります。
前者は知事等の認可権者が行い、後者は施行者が行います。
いずれも、2週間、公衆に縦覧します。
利害関係人は、縦覧期間が終了後、2週間の間に意見書を提出することができます。
意見書の提出は、前者の場合は知事等に対して提出し、知事等がその採否を決定します。
後者の場合には施行者に対して提出し、施行者がその採否を決定することになっています。
意見書が妥当であると判断されれば、施行者に修正命令がだされ、修正された事業計画の縦覧が再び行われます。

施行者が行った処分に対して不服がある場合はどのようにしたらよいですか

組合がした処分に不服がある場合は、都道府県知事に対して行政不服審査法に基づく不服申し立てをすることができます。
また、都道府県知事による裁決に不服がある場合は、国土交通大臣に対して再審査請求をすることができます。
審査請求は、「処分」を知った日から60日以内に行わなければならず、書面をもって行います。
ここでいう「処分」とは、具体的には以下に示すようなものがあります。

経費の賦課

  • 賦課金の賦課
  • 賦課金等の督促

建物等の移転及び除去

  • 建築行為の許可、原状回復等の命令
  • 建築物等の移転又は除去の通知
  • 建築物等の移転又は除去をする旨の公告

関係簿書の備付け

  • 関係簿書の閲覧拒否

仮換地の指定

  • 仮換地の指定通知
  • 仮に地上権等の目的となるべき宅地又はその部分の指定の通知
  • 使用収益日の別途通知
  • 使用収益の停止の通知
  • 仮清算金の徴収または交付(の通知)

換地処分

  • 換地処分の通知

清算

  • 清算金の徴収または交付(の通知)

解散

  • 組合の解散認可

監督

  • 組合に対する監督命令
  • 組合設立の認可の取消し

もくじへ戻る

入門編へ戻る

お問い合わせ先

都市計画課まちづくり推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3159

ファックス番号:022-211-3295

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は