ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

復興支援活動推進業務

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月4日更新

 『復興支援員』をサポートする復興支援活動推進業務

 本業務は,「平成29年度復興支援活動推進業務」として,プロポーザル方式(公募型)により企画提案を募集し,委託先を決定いたしました。

参考:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tisin/hukkousienkatudousuisin-kikakuteian.html

 「復興支援活動推進業務」とは

◯目的

 県内市町村が設置する復興支援員に対して,被災地域で活動する上で直面する課題の解決や,活動終了後の地域への定着を見据えて支援を行うほか,被災地における関係者間の広域的な連携を促進し,県内の復興支援活動の活性化を図るものです。

◯主な活動

 ・復興支援員活動支援

 復興支援員が地域で活動を行う上で生じる課題を的確に捉え,その解決に向けた支援を実施するほか,各地域で活動する復興支援員や関係者の交流を促進し,県内の復興支援活動の更なる推進を図る。さらに,復興支援員活動終了後も見据え,復興支援員それぞれのスキルアップやキャリア形成に必要な支援を実施する。

 ・復興支援活動の推進と地域間の連携促進

 被災地における共通課題や復興支援活動の先進・優良事例を関係機関及び地域住民で広く情報共有し,被災地の地域を越えた連携を促進する機会を創出する。

県内の復興支援員設置状況

市町

地区活動概要人数
石巻市全域

 仮設住宅に入居している被災者のうち, 自ら恒久住宅へ移転する時期,方法等の道筋を立てられない世帯(自立困難世帯)や,自立する意欲がなかったり,様々な事情で再建が未決定の世帯(自立未定世帯)に対し,恒久的な住まいへの早期移転に向けた情報提供,相談,手続き等の支援を行う。

17人
中央地区

・石巻南浜津波復興祈念公園【参加型維持管理運営】検討協議会や地域団体等の調整
・地域の子ども達への震災伝承
・地域住民の参画による,失われた町の記憶や教訓及び地域の支えあい等の再構築 等

4人
北上地区

 防災集団移転地も整備された北上地区において,新たなコミュニティ形成のため,集落単位の実態調査や地域行事の支援,地域コミュニティ紙「かわら版」を発行するなどコミュニティの再構築に向けて積極的な活動を行う。

4人
雄勝地区

・月刊雄勝の製作・発行・配布(月1回)
・コミュニティカフェでの地域ネットワーク形成の場づくり(住民の集いを企画)
・地域活性化に向けた地域イベントの補助業務 等

4人
牡鹿地区

・鮎川港まちづくり協議会の運営支援,鮎川港移動型待合所管理運営支援
・おしか復興情報誌発行
・地域おこしイベントの開催補助

5人
塩竈市 

 浦戸諸島の産業の再生,地域の担い手の受入れ・育成,各種観光の取組みによる島の営みの観光資源化などを目指し,コミュニティの再構築を図る。

4人
気仙沼市 

 既存自治会や仮設住宅自治会の運営支援等を行う「地域支援員」を配置。住民同士が互いに支え合う地域づくりに取り組み、コミュニティの維持・振興を図る。

11人
 

 意欲ある若い世代が交流・議論する機会をつくり,具体的な実践活動のサポートを通じてまちづくりの担い手育成を行う。まちづくりの担い手としての意識の醸成と参画機会の創出を図る。

3人
 

 水産加工業をはじめ,震災により販路を失った事業者を支援するため、ネットショップを活用するほか,イベント等においてネットショップのPRを実施し,販路拡大に向けた活動を実施している。「海の市」プロモーション支援も実施。

3人
多賀城市 

・被災地区の地域活動や町内会組織運営に関するアドバイス等の住民自治活動支援
・まちあるきによる、地域課題や資源の掘り起こしを行う活動
・災害公営住宅入居者と既存コミュニティとの良好な関係構築に向けた場づくり,情報提供

4人

東松島市 

 復興まちづくりの情報周知や被災者間のつながり形成,復興まちづくりの話し合い支援,集団移転地域及びその周辺地域,災害公営住宅内及び受入地域での地域コミュニティ形成のための支援を行う。

6人
丸森町 

・地区の魅力再発見と情報発信
・地域資源の利活用を通したコミュニティの構築と推進
・空き家を改修し,地域のコミュニティスペースを創出すると共に,民泊の受け入れ先としても活用し,移住者の獲得へとつなげる。

1人
合計

66人

活動実績

◯キャリアアップ研修の開催(3回)

  復興支援員活動終了後も,これまでの経験や人とのつながり,自身の資質を活かし,働き方や暮らし方について選択決定できる力を後押しし,的確な進路を選択できるよう支援を行うことで,地域への重要な人材の定着を目指し,開催しました。  

 第1回 「復興支援からわたしのはたらくを拓く ~キャリアスタート研修~ 」(案内チラシ [PDFファイル/1022KB]

  開催日時:平成29年8月3日(木曜日) 13時から16時まで

  開催場所:宮城県石巻合同庁舎

  プログラム ・ワークショップ 「わたしの武器(強み)を見つける」(ワークシート [PDFファイル/753KB]

          ・座談会 「わたしの分岐点と武器(強み)の生かし方」

                ゲスト 加藤 拓馬氏((一社)まるオフィス 代表理事)

                    小山 弘二氏(studio L)

                    高橋 健氏(NPO法人 ETIC.)

           参考:座談会記録 [PDFファイル/683KB]

          ・ワークショップ 「武器(強み)をいかして働く ~みらいの名刺を考える~」(ワークシート [PDFファイル/223KB]

 

 第2回 「復興支援から私のはたらくを描く ~キャリアデザイン~ 」(案内チラシ [PDFファイル/839KB]

  開催日時:平成29年12月20日(水曜日) 13時30分から16時30分まで

  開催場所:石巻市遊学館 1階会議室

  プログラム ・ワークショップ 「わたしの大切な価値観に光りをあてる」(ワークシート [その他のファイル/49KB]

          ・座談会 「わたしの分岐点と”選んだ理由”」

                ゲスト 真壁 さおり氏(宮城県サポートセンター支援事務所) 資料 [PDFファイル/342KB]

                    阿部 巧氏((公社)中越防災安全推進機構ムラビト・デザインセンター センター長) 資料 [PDFファイル/7.27MB]

          ・ワークショップ 「わたしのキャリアストーリーを描く」(ワークシート [その他のファイル/51KB]

 

 第3回 「復興支援 地域づくりのフィールドから ~私の仕事を語る座談会~ 」(案内チラシ [PDFファイル/840KB]

  開催日時:平成30年2月23日(金曜日) 13時30分から16時30分まで

  開催場所:手のひらに太陽の家

  プログラム ・西村さんのお話 「自分の仕事を考える」

           ゲスト 西村 佳哲氏(リビングワールド代表,働き方研究家)

          ・座談会 「私の働き方・仕事観を語り合う」

 

◯ファシリテーション研修の開催(2回)

  復興支援員に求められる”総合的なコーディネート力”を培うために,ファシリテーション力(伴走型支援:住民主体,声を引き出す)とコーディネート力(構想型支援:支援側から地域を巻き込む)についての研修をそれぞれ行いました。

 第1回 「”場”のデザインをより実践的に学ぶ」(案内チラシ [PDFファイル/1.04MB]

  開催日時:平成29年8月31日(木曜日) 10時30分から16時30分まで

  開催場所:蔵しっくパーク(東松島市)

  講師:青木 将幸氏(青木将幸ファシリテーター事務所 代表)

  プログラム ・場のデザイン事例の共有(事例共有,課題対応検討)

         ・場のデザイン実践演習(ワークショップ,振り返り)

 

 第2回 「地域づくり・コーディネートゲーム研修」(案内チラシ [PDFファイル/1MB]

  開催日時:平成30年1月16日(火曜日) 11時から17時00分まで

  開催場所:石巻市遊学館

  講師:田口 太郎氏(徳島大学総合科学部 准教授)

  プログラム ・講話「復興・地域づくりにおけるプロセスのデザイン」

          ・地域づくりコーディネートゲーム演習

 

◯みやぎ地域復興支援会議(=みやぎ地域復興ミーティング)(2回開催) 詳細はこちら

 

○復興支援員活動報告会(案内チラシ [PDFファイル/1.74MB]

  復興支援員(応援隊)事業としての活動や地区に生まれた変化について振り返りと共有を行い,多角的な視点から事業の成果や課題,今後の可能性について議論をとおして,得た知見を共有する。また,地区を越えた支援員及び事業関係者の交流機会の創出を図ることを目的に開催しました。

  開催日時:平成30年3月26日(月曜日) 13時30分から16時30分まで

  開催場所:東松島市コミュニティセンター

  プログラム 

   分科会(4つのテーマに則って各地区を振り分け,アドバイザーを配置し,活動を振り返り,地域の変化や成果などを共有)

   テーマ1 「震災からのコミュニティ再生」

          アドバイザー 橋本 大樹氏(宮城大学山元復興ステーション 特任調査研究員)

        地区:気仙沼市(コミュニティ)・石巻市全域(パーソル・共生地域創造財団)・多賀城市

   テーマ2 「住民主体のコミュニティ活動」

          アドバイザー 大滝 聡氏(NPO法人まちづくり学校 代表理事(校長))

          地区:石巻市全域(サードステージ・キャンナス)・石巻市雄勝・東松島市

    テーマ3 「持続的な地域づくり」

          アドバイザー 石本 貴之氏(NPO法人新潟NPO協会 理事・事務局長)

          地区:気仙沼市(担い手)・石巻市牡鹿・石巻市北上・石巻市中央

    テーマ4 「地域産業の活性化」

          アドバイザー 相馬 康穫氏(プロジェクトおおわに事業協同組合 副理事長)

          地区:気仙沼市(商工)

 

 『復興支援員』とは

 被災地方公共団体が定める復興計画やそれに基づく要綱等を根拠に,コミュニティ再構築を図ることを目的として,「復興に伴う地域協力活動」(被災者の見守りやケア,地域おこし活動の支援等)に従事するものです。

概要 [PDFファイル/1.36MB]

参考資料 [PDFファイル/100KB]

復興支援員推進要綱 [PDFファイル/129KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)