ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす畜産試験場第20回現場後代検定材料牛生産のお願い

第20回現場後代検定材料牛生産のお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新

第20回現場後代検定材料牛生産のお願い

 今年度の現場後代検定を,種雄牛候補4頭で実施いたします。宮城の種雄牛造成は,みなさまの御協力により実施する調整交配(検定種雄牛の産子を生産するための交配)からスタートします。

 調整交配のメリット
  1. 交配され,材料牛として購買された子牛の母牛は育種価評価されます ⇒ 早期に育種価の判明が可能に
  2. 各種助成措置があります ⇒ 調整交配に伴う子牛の販売価格差等を解消(一般牛より高くなる場合も・・・)
  3.いち早く候補種雄牛の産子を確認することができます ⇒ 種雄牛のデビュー時に安心して交配が可能に

 詳しくは,パンフレットを御覧下さい。

第20回現場後代検定材料牛生産のための調整交配 [PDFファイル/585KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)