ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす畜産課牛肉のトレーサビリティについて

牛肉のトレーサビリティについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

牛肉トレーサビリティ関連について

牛肉のトレーサビリティ

目的

 牛の個体の識別のための情報の適正な管理及び伝達に関する特別の措置を講ずることにより、牛海綿状脳症のまん延を防止するための措置の実施の基礎とするとともに、牛肉に係る当該個体の識別のための情報の提供を促進し、もって畜産及びその関連産業の健全な発展並びに消費者の利益の増進を図る。

施行時期

  1. 生産者段階(平成15年12月1日):牛の個体識別台帳の作成、耳標の装着による情報管理等
  2. 流通・小売段階(平成16年12月1日):牛肉の販売業者等による牛の個体識別番号表示等
牛の個体識別番号表示等の表
牛の図生産者(管理者)
  • 耳標の装着
  • 出生・移動の届出
  • 耳標の取り外し禁止
  • 耳標のない牛の取引禁止
届出
往復矢印
識別番号
(独)家畜改良センター
  • 牛個体識別台帳の管理
  • 氏名・住所を除きインターネットで公表
下向き矢印斜め上向き矢印 上向き矢印
部分肉の図と畜場・食肉卸売業者
  • 個体識別番号又はロット(荷口)番号の表示・伝達
  • 記録の保管 (会計閉鎖後2年間)
左向き矢印農林水産大臣の
(地方農政局長)
立 入 検 査
下向き矢印矢印 
パック肉の図食肉小売業
特定料理提供者
  • 個体識別番号又はロット(荷口) 番号の表示
  • 記録の保管(会計閉鎖後2年間)
  • 特定料理提供者:
     焼肉・しゃぶしゃぶ・すき焼き・ステーキ等を主として提供
左向き矢印DNA鑑定
  • 全枝肉から照合用サンプル採取
  • 検査用サンプル採取
下向き矢印  
店頭表示の図消費者右向き矢印インターネットによる情報公開
『牛の個体識別情報検索サービス』

対象外

  • 出生直後に死亡した牛(出生届出は遅滞なく。)
  • 輸入牛肉(生体輸入は除く)
  • 特定牛肉(国産牛の精肉)以外の牛肉(ひき肉、整形・加工肉(小間切れ・舌・ほほ肉等))

罰則規定:各30万円以下の罰金

  • 各種届出義務違反
  • 耳標装着等義務違反
  • 帳簿保存等義務違反
  • 個体識別等番号表示義務違反

トレーサビリティ関係の制度・法規についての詳細は