ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす障害福祉課介護給付・訓練等給付・地域相談支援給付のサービスを利用するには

介護給付・訓練等給付・地域相談支援給付のサービスを利用するには

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月16日更新

サービスを利用するまでの手続きは次のとおりです。いずれもお住まいの市町村の障害福祉担当課に相談,申請し,市町村の支給決定(又は暫定支給決定)を受けてからサービスをご利用いただきます。

介護給付を希望する場合

  1. 相談
    お住まいの市町村の障害福祉担当課又は相談支援事業所が窓口となります。
  2. 支給申請
    利用するサービスについて,お住まいの市町村の障害福祉担当課へ支給申請します。
  3. サービス等利用計画案の提出依頼
    申請した市町村より,サービス等利用計画案の提出依頼があります。相談支援事業者と契約するなどし(手続きについては市町村にご確認ください),サービス等利用計画案を作成することになります。
  4. 心身の状況について調査
    市町村の職員(又は市町村から委託を受けた者)がご家庭又は施設等を訪問し,サービス利用希望者御本人の心身の状況について調査します。
  5. 障害支援区分の一次判定
    調査結果をもとに,市町村が障害支援区分の一次判定を行います。
  6. 二次判定
    市町村審査会において,一次判定結果,医師意見書等をもとに審査判定されます。審査会は,保健医療福祉をよく知る委員で構成されます。
  7. 障害支援区分の認定
    市町村が障害支援区分を認定します。障害支援区分は,障害者等の障害の特性やその他心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合いを示すもので,区分1から区分6まであります。
  8. 勘案事項調査
    市町村が利用者の勘案事項(地域生活,就労,日中活動,介護者,居住など)について調査します。
  9. サービス利用意向の聴取
    市町村が利用者のサービスの利用意向を聴取します。
  10. サービス等利用計画案の提出
    サービス等利用計画案を提出します。
  11. 支給決定
    市町村が介護給付を支給決定します。利用者には受給者証が交付されます。
    (処分に不服がある場合には,県に審査請求することができます。)
  12. サービス提供事業者と契約
    申請者はサービス提供事業者を選択し,利用に関する契約を行います。

訓練等給付を希望する場合

  1. 相談
    お住まいの市町村の障害福祉担当課又は相談支援事業所が窓口となります。
  2. 支給申請
    利用するサービスについて,お住まいの市町村の障害福祉担当課へ支給申請します。
  3. サービス等利用計画案の提出依頼
    申請した市町村より,サービス等利用計画案の提出依頼があります。相談支援事業者と契約するなどし(手続きについては市町村にご確認ください),サービス等利用計画案を作成することになります。
  4. 心身の状況について調査
    市町村の職員(又は市町村から委託を受けた者)がご家庭又は施設等を訪問し,サービス利用希望者御本人の心身の状況について調査します。
  5. 勘案事項調査
    市町村が利用者の勘案事項(地域生活,就労,日中活動,介護者,居住など)について調査します。
  6. サービス利用意向の聴取
    市町村が利用者のサービスの利用意向を聴取します。
  7. サービス等利用計画案の提出
    サービス等利用計画案を提出します。
  8. 暫定支給決定
    障害者ご本人の希望を尊重し,能力及び適性に応じて,より適切なサービスご利用いただけるように,市町村が,最終的な意向の確認と,利用が適切かどうかの客観的な判断を行うための期間を設定した「暫定支給決定」を行います。
  9. 訓練・就労評価項目に沿った個別支援計画作成
    ご本人の利用意思と,サービスが適切かどうか確認できたら,評価項目に沿ったお一人お一人の個別支援計画を作成します。
  10. 支給決定
    結果を踏まえ,市町村が支給決定します。
    (処分に不服がある場合には,県に審査請求することができます。)
  11. サービス提供事業者と契約
    申請者はサービス提供事業者を選択し,利用に関する契約を行います。

地域相談支援給付を希望する場合

  1. 相談
    お住まいの市町村の障害福祉担当課又は相談支援事業所が窓口となります。
  2. 支給申請
    利用するサービスについて,お住まいの市町村の障害福祉担当課支給申請します。
  3. サービス等利用計画案の提出依頼
    申請した市町村より,サービス等利用計画案の提出依頼があります。相談支援事業者と契約するなどし(手続きについては市町村にご確認ください),サービス等利用計画案を作成することになります。
  4. 心身の状況について調査
    市町村の職員(又は市町村から委託を受けた者)がご家庭又は施設等を訪問し,サービス利用希望者御本人の心身の状況について調査します。
  5. 勘案事項調査
    市町村が利用者の勘案事項(地域生活,就労,日中活動,介護者,居住など)について調査します。
  6. サービス利用意向の聴取
    市町村が利用者のサービスの利用意向を聴取します。
  7. サービス等利用計画案の提出
    サービス等利用計画案を提出します。
  8. 支給決定
    結果を踏まえ,市町村が支給決定します。 
    (処分に不服がある場合には,県に審査請求することができます。)
  9. サービス提供事業者と契約
    申請者はサービス提供事業者を選択し,利用に関する契約を行います。