トップページ > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者支援施設・サービス事業所等 > 6 障害児(者)を一時的に預かってもらうには

掲載日:2013年4月1日

ここから本文です。

6 障害児(者)を一時的に預かってもらうには

障害児(者)を介護している家族等が、家庭の事情で一時的に介護できなくなる場合に施設でお預かりする制度(短期入所事業等)があります。

1.宿泊を伴う場合(短期入所(ショートステイ))

利用には,介護給付費の支給決定(受給者証)が必要です。窓口は市(社会)福祉事務所,町村福祉担当課です。

(1)利用できる方

身体障害者,知的障害者,精神障害者,難病患者等(国の定める対象疾患による障害のある者),障害児

(2)利用できる施設

短期入所事業所

(3)利用期間

受給者証に定める日数

2.日帰りの場合(日中一時支援事業)

各市町村ごとに事業を実施しています。実施事業所や利用料金などについては,お住まいの市(社会)福祉事務所又は町村福祉担当課にお問い合せください。

(1)利用できる方

身体障害者,知的障害者,精神障害者,難病患者等(国の定める対象疾患による障害のある者),障害児

(2)利用できる施設

日中一時支援事業所として,市町村が指定(登録)した障害福祉サービス事業所等

(3)利用期間

日中(時間単位)

問い合わせ先

各市(社会)福祉事務所又は町村福祉担当課

お問い合わせ先

障害福祉課調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3514

ファックス番号:022-211-2597

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は