ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境消費生活消費者支援ウェブサイト閲覧中のニセの警告音にだまされないで

ウェブサイト閲覧中のニセの警告音にだまされないで

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月6日更新

パソコンでサイトの閲覧中に、突然、警告音が鳴り出し、「ウイルスに感染した」等という警告表示が表れたまま消えず、画面上の電話番号に連絡してしまった、という相談が寄せられています。
音や画面表示が出ても慌てず、
とにかく落ち着くことが大切です。

このような相談がありました

パソコンでインターネットを見ていたら、突然警告音が鳴り出し、ウイルスに感染したと画面に表示された。
「対策をする」と書かれたサポート窓口に電話すると、「遠隔操作してウイルスを削除する」と片言の日本語で言われ、クレジットカードで2万円を決済した。
相手の指示に従いフリーソフトをダウンロードして遠隔操作をしてもらうと警告音と画面が消えた。
不審な業者にクレジットカード番号を教えてしまい、不安である。

アドバイス

  • 画面の連絡先に電話をすると、「警告音や画面を消すため」とウイルス対策ソフト等をインストールさせられ、料金を請求されることがあります。決して画面の連絡先に、電話をしてはいけません。
  • 警告音や画面が表示されても、ウイルスに感染したとは限りません。警告音や画面を消す方法は独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページが参考になります。(https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160621.html
  • クレジットカードの他に、電子マネーで支払わせる事例もあります。
  • 困ったときは、お住まいの地域の消費生活相談窓口へ早めにご相談ください。