ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境消費生活消費者支援訪問買取の電話勧誘に関する相談が寄せられています

訪問買取の電話勧誘に関する相談が寄せられています

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月27日更新

訪問買取に関する相談が続いています!

訪問買取とは、業者が自宅を訪問して不要品などを買い取っていくサービスです。
自分でお店に出向くことなく、不要品を買い取ってもらえるので大変便利な一方、不要品を買い取ると言っておきながら貴金属を無理矢理二足三文で買い取っていく悪質な業者も存在します。
最近、宮城県消費生活センターには訪問買取の勧誘電話に関する相談が寄せられています。
少しでも不審に思ったら、「お断りします!」とキッパリ断るようにしましょう! 

こんな相談が寄せられています

「不要な食器はないか?学生が安く欲しがっているので、協力してほしい。」と女性から電話があった。
今まで、訪問買取の勧誘は断っていたが、学生のためと言われたことや、訪問を承諾しないと電話を切ってもらえない雰囲気だったことから、訪問を了承してしまった。
しかし、よく考えたら今時の学生が古い食器を欲しがるとは思えない。あやしいと思うので来訪を断りたい。

トラブルに遭わないためのポイント

  • 査定だけと思っていても断れない場合があります。売る気がなければキッパリと断りましょう!
    また、自分から業者を呼んだ場合でも、なるべく一人で対応しないようにしましょう。
  • 契約した時はしっかり「契約書面」を必ず受け取り、大切に保管しましょう!
  • 契約書面を受け取った日を含めて8日間はクーリング・オフすることができます。
    その期間内は品物の引き渡しを拒むことができますので、不安や迷いがある場合は品物を引き渡さず、本当に売るかよく考えましょう。
    (※自動車やCDなど適用除外の商品もあります。)
  • しつこく勧誘されたり、脅されたりしたらすぐ最寄りの消費生活相談窓口へ相談しましょう!

関連するホームページ