トップページ > 観光・文化 > 文化 > 文化振興 > 芸術銀河 > みやぎ県民文化創造の祭典(芸術銀河)/主催事業

掲載日:2021年7月7日

ここから本文です。

みやぎ県民文化創造の祭典(芸術銀河)/主催事業

>>芸術銀河トップへ戻る

舞台ワークショップ Stage Performance Workshop

舞台芸術(演劇・ダンス・身体表現など)で活躍している芸術家を講師に迎え、学校やホールなど身近な場所で少人数のワークショップを行い、身体で表現する楽しさを体験します。

事業の募集はこちら

舞台ワークショップ写真(昨年の様子)

美術ワークショップ Art Workshop

県内等で活躍している美術家を講師に迎え、学校や公民館などで自ら作品を作ることを通して、製作の楽しさを体験し、新たな美を発見する少人数のワークショップを行います。

事業の募集はこちら

美術ワークショップ写真(昨年の様子)

音楽アウトリーチ Music Outreach

音楽で活躍している芸術家が学校や施設を訪れ、美しい曲・曲にまつわる話題・楽器を奏でる体験などを参加者に提供し、音楽を通して講師も参加者も楽しいひとときを過ごすアウトリーチを行います。また、地域の公共ホールでのコンサートも実施します。

音楽アウトリーチ写真(昨年の様子)

若手芸術家育成事業

県内高校生の文化芸術に係る表現力を育み,強化するとともに,宮城県の文化芸術の振興・発展に寄与することを目的とし,様々な事業を展開します。

若手芸術家育成事業写真(昨年の様子)

地域文化発信支援事業(地域芸能アウトリーチ)

被災により課題を抱えた地域芸能の再興支援策の一環として,体験型の普及啓発活動を実施します。

地域芸能アウトリーチ画像(昨年の様子)

その他

こどものための舞台芸術見本市

県内の子ども達や,学校・保育所等の施設職員の方々を対象に,舞台芸術の豊かさに触れ,アウトリーチ活動の推進と理解を深める企画を実施します。

舞台芸術見本市実施写真(昨年の様子)

芸術銀河・動画配信スタートアップ支援事業「トモシビ+(プラス)」

新型コロナウイルス感染症拡大防止の影響により、音楽コンサート及び演劇公演等の公演活動は、中止や延期、収容人数の制限などが続いています。
みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会では、こうした活動を後押しし、県内における公演活動の新しい収益確保手段及び新しい鑑賞スタイルのモデルケースを県民に提示することを目的として、県内で活動する文化芸術団体及び芸術家が、新型コロナウイルス感染症対策を適切に講じた上で公演等を開催するとともに、公演映像の撮影・配信を行う一連の取組を募集し、審査の上、補助を行います。

芸術銀河・動画配信スタートアップ支援事業「トモシビ+」

みやぎ芸術銀河作品展~宮城県芸術選奨受賞者作品展~

宮城県芸術選奨及び宮城県芸術選奨新人賞を受賞された方々の作品展を開催します。

チラシ

東北文化の日

東北6県と仙台市は,平成22年度から毎年10月の最終土曜日とその翌日の日曜日(10月最後の週末)を「東北文化の日」とし,東北の文化に関する情報を一体となって発信しています。

東北文化の日ポスター東北文化の日ページへ

この他の事業は,「イベント情報」において随時お知らせしています。

>>芸術銀河トップへ戻る

お問い合わせ先

消費生活・文化課みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2527

ファックス番号:022-211-2592

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は