ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害災害情報令和元年台風19号に伴う災害救助のために使用する車両の取り扱い

令和元年台風19号に伴う災害救助のために使用する車両の取り扱い

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月18日更新

令和元年台風19号に伴う災害救助のために使用する車両について,高速道路及び有料道路の無料措置が実施されます

1 期間

令和元年10月16日(水曜日)から令和元年12月31日(火曜日)まで

2 対象車両

(1) 自治体等からの要請により,被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)へ救援物資等を輸送するための車両

(2) 自治体等からの要請により,被災地の復旧・復興にあたるための物資,人員等を輸送するための車両

(3) 自治体が災害救援のために使用する車両

(4) 災害ボランティア活動であって,被災した自治体等が要請又は受け入れ承諾したものに使用する車両

3 料金の無料措置を行う道路管理者

  東日本高速道路株式会社,中日本高速道路株式会社,西日本高速道路株式会社,首都高速道路株式会社,阪神高速道路株式会社,本州四国連絡高速道路株式会社,各道路公社(詳細は宮城県災害対策本部へお問い合わせください。)

4 利用の流れ

(1)災害ボランティア活動を行う車両

【往路】
  1. NEXCO東日本ホームページ外部サイトへのリンクから往復分の証明書を取得
  2. 証明書に必要事項を記入
  3. 高速道路・有料道路を利用時,入口料金所の一般レーンにて通行券をお取りいただき,被災地の指定IC(出口料金所)にて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ,証明書を係員に提出
【復路】
  1. ボランティア活動終了時,災害ボランティアセンターで証明書に「活動確認」の押印を受ける
  2. 高速道路・有料道路を利用時,被災地の指定IC(入口料金所)の一般レーンにて通行券をお取りいただき,出口IC(出口料金所)にて本人確認書類を提示のうえ,証明書を係員に提出

※注意事項につきましてはNEXCO東日本ホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください

※有料道路のみをご利用される場合は,「入口IC」および「出口IC」欄を朱書き修正してください。

(高速道路を使用される場合,様式に記載されているIC以外での無料措置はできません。)

※ホームページからの証明書の取得が難しい場合は,お近くの自治体にて証明書を発行いたします。

事前にお近くの自治体もしくは下記連絡先(宮城県総務部消防課・危機管理課)へご相談ください。

(2)災害派遣等従事者用証明の申請書(自治体車両等)

【往路】
  1. 様式2 災害派遣等従事車両証明申請書 [Wordファイル/34KB]を取得
  2. 申請書に必要事項を記入
  3. 各交付窓口にて証明を受ける
    <交付窓口>
    イ 県総務部消防課・危機対策課
    ロ 宮城県内の各市町村の窓口
      各市町村に受付状況についてお問い合わせください。
    ハ 最寄りの都道府県庁・市町村の窓口
      各都道府県庁・市町村に受付状況についてお問い合わせください。
  4. 高速道路・有料道路を利用時,被災地の指定IC(出口料金所)にて,証明書を係員に提示
【復路】
  1. 高速道路・有料道路を利用時,被災地の指定IC(出口料金所)にて,証明書を係員に提示

注意事項

  1. ETCのご利用はできません
  2. スマートインターチェンジからの流入,流出はできません。

〈災害ボランティア車両のうち,インターネットが利用できる環境になく,自治体で災害派遣証明書を取得される方〉

  • 「災害派遣等従事車両証明書」ご利用時は,申請予定者は事前に往復の使用路線およびICについてご確認の上,申請にお越しください。
  • 「災害派遣等従事車両証明書」ご利用時は,証明書は通行料金を支払う料金所ごとに必要となるため,走行経路により必要な枚数を取得してください。