ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全防災・救急消防ガソリンの容器への詰め替え販売について

ガソリンの容器への詰め替え販売について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月26日更新

 令和元年7月18日に発生した京都府京都市伏見区における爆発火災を踏まえ,総務省消防庁よりガソリンを携行缶で販売及び購入する場合に,販売者及び購入者に対して
1.身分証明書の確認
2.使用目的の問いかけ
3.販売記録の作成(販売者のみ)
の協力が求められております。

詳細は以下のリーフレットをご覧ください。

販売者向けリーフレット [PDFファイル/317KB]
購入者向けリーフレット [PDFファイル/568KB]

 なお,ガソリンを取り扱うときの注意事項は,以下のとおりです。
1.ガソリンは,灯油用ポリ容器に入れることはできません。
2.ガソリン携行缶に貼られている注意事項に留意して,取り扱ってください。
3.セルフスタンドにおいても,ガソリンの容器への詰め替えは,
ガソリンスタンドの従業員が行う必要があります。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)