ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

援護恩給に関するQ&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月22日更新

【援護恩給班】

 

県民の皆様からのお問い合わせが多い以下の事柄について,Q&A形式でまとめておりますので,どうぞ御覧ください。

 

 

1 援護年金に関するQ&A

 

【問い合わせ先】
 ・遺族年金  厚生労働省 社会・援護局 援護・業務課 審査室 年金・債権管理係
          Tel 03-5253-1111(内線3443又は3444)
 ・障害年金  厚生労働省 社会・援護局 援護・業務課 戦傷病者援護係
          Tel 03-5253-1111(内線3429)

 

【Q1】
 受給者が亡くなったのですが・・・。

【A1】
 厚生労働省において住基ネットで受給者が死亡されたことを確認した場合,年金の支給を止めさせていただいております。
 ただし,外国または住基ネット不参加の市区町村にお住まいの場合は,親族等の方から(1)「失権届・証書返還不能届・未支給年金等支給請求書」,(2)受給者が亡くなられたことを確認できる戸籍抄本等,(3)亡くなられた受給者の相続人であることを確認できる戸籍謄本等,(4)年金証書を提出していただきます(用紙は,毎年送付している「しおり」に折り込んであります。)。

 

【Q2】
 未支給年金の請求手続きをしたいのですが・・・。

【A2】
 受給者が死亡されたことにより受け取ることができなかった生存中の年金(未支給年金)を請求される受給者の相続人の方は,(1)「失権届・証書返還不能届・未支給年金等支給請求書」,(2)相続人であることが確認できる戸籍謄本等,(3)年金証書を厚生労働省に提出してください。

 

【Q3】
 住所を変更したいのですが・・・。

【A3】
 住民登録の異動に伴う住所変更は,住基ネットにより確認しますので,住所変更届は不要です。
 ただし,外国または住基ネット不参加の市区町村にお住まいの場合は,ハガキ等に証書記号番号を明記のうえ「住所変更届」を提出してください。

 

【Q4】
 支払郵便局を変更したいのですが・・・。

【A4】
 現金払いの方は,ハガキ等に「支払郵便局変更届」と記載し,(1)証書記号番号,(2)受給者氏名,(3)住所・電話番号,(4)変更後の支払郵便局名を明記の上,厚生労働省に提出してください(預入払の方は,提出する必要はありません。)。

 

【Q5】
 年金証書を再交付してほしいのですが・・・。

【A5】
 年金証書を亡失または損傷したときは,(1)証書記号番号,(2)受給者氏名,(3)生年月日,(4)住所・電話番号,(5)亡失又は損傷の経緯を記入した「証書等再交付申請書」を厚生労働省に提出してください。

 

 

2 恩給に関するQ&A

 

【問い合わせ先】
 総務省 政策統括官(恩給担当) 恩給相談窓口
 Tel 03-5273-1400
 受付時間:月曜日から金曜日(休日を除く。)の午前9時から午後5時まで

 

【Q1】
 受給者が亡くなったのですが・・・。 

【A1】

  1. 国内居住の受給者が亡くなられたときは,住基ネットの利用により「失権届」を提出していただく必要はなくなりました。しかし,亡くなられたときまでの未支給金がある場合や扶助料を受けることができる遺族がある場合がありますので,その請求手続き等について人事・恩給局まで御相談ください。未支給金及び扶助料を受けるには,請求手続きが必要です。
  2. 国外居住の受給者又は住基ネット不参加自治体に居住の受給者が亡くなられた場合は,人事・恩給局に戸籍謄本等の証明書類を添え,失権届を提出していただく必要があります。

 

【Q2】
 未支給金の請求手続きをしたいのですが・・・。

【A2】 公務員の遺族(扶助料を受けることができる遺族)に給し,遺族がいないときは死亡した方の相続人に給することになっております。請求手続き等については,総務省政策統括官(恩給担当)恩給相談窓口まで御相談ください。

 

【Q3】
 恩給受給権調査のハガキが来ないのですが・・・。

【A3】 これまで誕生月にお願いしていた受給権調査は,平成18年3月末で廃止となりました。
 これに伴い,誕生月の前月までにお届けしてきた受給権調査申立書は送付しませんので,御承知願います。

 

【Q4】
 住所を変更したいのですが・・・。

【A4】 住所を変更したとき(市町村の合併や行政区画整理により,「番地」以降の住居表示が変更された場合を含みます。)や恩給を受け取る郵便局を変えるときは,お申し出により,申請に必要な「住所・支給郵便局変更届」を送付しますので,必要事項を記入の上,総務省政策統括官(恩給担当)に提出してください。

 

【Q5】 恩給証書を再交付してほしいのですが・・・。

【A5】
 恩給証書をなくしたり破損したときには,恩給証書を再交付しますので,総務省政策統括官(恩給担当)恩給相談窓口にお申し出ください。
   お申し出により,申請に必要な用紙を送付しますので,必要事項を記入の上,総務省政策統括官(恩給担当)に提出してください。
 ※現在有効の恩給証書は,「平成3年」又は平成3年4月1日以降の日付のあるものです。

 

【Q6】 恩給相談の電話がなかなかつながらないのですが・・・。

【A6】 受給者の皆様から電話による多数の相談が寄せられていることから,曜日,時間帯によっては電話がつながりにくくなっております。 特に,休日及び祝日明けにつきましては,多数のお問い合わせがあり,電話がつながりにくい状態になっております。
  なお,全体的にみると,午後の時間帯が比較的すいている状態ですので,つながりにくい場合は,お急ぎでなければ午後におかけ直しください。

 

 

3 国債に関するQ&A

 

【Q1】
 受給者(国債の記名者)が亡くなったのですが・・・。 

【A1】
 受給者が死亡された場合には,相続人(※民法上の相続)が残りの国債の償還金を受領することができます。

  1. 「記名国債証券記名変更請求書」を受給者が償還金を受け取っていた金融機関に提出します(用紙は,金融機関に備え付けられています。)。
  2. これに,次の書類等を添付します。
  • 受領していた国債
  • 受給者の死亡を証明する戸籍書類
  • 受給者と相続人の戸籍上の関係を証明する戸籍書類
  • 印鑑

 

【Q2】
 償還金の受領場所を変更したいのですが・・・。

【A2】
 「償還金支払場所変更請求書」を償還金を受け取っている金融機関に提出します(用紙は,金融機関に備え付けられています。)。

 

【Q3】
 受領の際に使用していた印鑑を変更したいのですが・・・。

【A3】
 「改印届」を償還金を受け取っている金融機関に提出します(用紙は,金融機関に備え付けられています。)。

 

【Q4】
 国債を紛失してしまったのですが・・・。

【A4】

  1. 滅紛失届に必要な「国債の名称,証券番号,残りの賦札枚数」等を償還金を受け取っている金融機関において確認します。
  2. 日本銀行本支店,代理店に「証券滅紛失届」を提出します(用紙は,日本銀行本支店,代理店に備え付けられています。)。印鑑は,印鑑等届出書により届け出た印鑑を使用します。

 

 

戻る