ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす社会福祉課共生型グループホームの生活をのぞいてみましょう!

共生型グループホームの生活をのぞいてみましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 共生型グループホームは、高齢になっても、障害を持ったとしても、入居者の一人ひとりが、自分らしく暮らし続ける住まいです。入居者は一人ひとり、年齢や障害の程度も違いますし、得意なこと、不得意なことが違います。同じ屋根の下で暮らす中で、それぞれの得意なところを活かし、役割を持って、支え合う姿が見られるようになります。  
 ここでは、共生型グループホームの生活の様子を紹介します。

※写真は利用者や家族の方から承諾を得て掲載しています。

 

【もくじ】

  1. グループホームの一日
  2. 障害者と高齢者のくらし
  3. 三世代が暮らす家
  4. 地域とともに歩む
  5. グループホームが育む出会い
  6. まちなかの暮らし

 

1 グループホームの一日

 白石市にあるこのグループホームは、古い民家を改装したもので、居間には大きな掘りごたつがあります。朝、障害者が仕事や訓練に出かけ、夕方、帰ってきた障害者を高齢者が迎える姿が見られます。晩ご飯は掘りごたつを囲んでみんなでいただきます。

朝、障害者が仕事や生活訓練のために出かけます

写真・リフト付き車両に乗りこみます

車に乗って行ってきま~す

障害者が出かけると、残った高齢者は思い思いに日中を過ごします

写真・高齢者が職員と新聞を読んでいます

新聞の読み聞かせ

障害者は日中仕事に励む者、機能訓練に取り組む者と様々です

写真・理学療法士の指導のもとリハビリに取り組みます

理学療法士の指導のもとリハビリに取り組みます

高齢者もスタッフと一緒に家事に取り組み、夕方、障害者を出迎えます

写真・夕方になると出かけていた障害者が帰宅します

夕方になると出かけていた障害者が帰宅します

平日の夜間や休日は、年齢や障害を超えて、入居者どうしの団らんがあります。同じ屋根の下で暮らす中で生まれた、個人と個人の関わりです

写真・障害者も返事で料理に参加します

返事で料理に参加します

写真・いただきます!

いただきます!

 

2 障害者と高齢者のくらし

 大崎市にあるこのグループホームでは、比較的重度の障害者が暮らしています。はじめは、高齢者と障害者との間に行き違いもありましたが、スタッフが間にはいることで、次第に親子のような関わりが生まれてきています。

高齢者と障害者がいっしょにくつろいでいます

写真・高齢者と障害者のくつろぎ

りらっくす、りらっくす

親子のようなふれあいです

写真・ひざまくらでにっこり

ひざまくらでにっこり

写真・手をつないでお散歩

手をつないでお散歩

相手への思いやりや気づかいが生まれています

写真・高齢者が障害者のくつしたを拾ってあげます

くつしたぬげてるぞ

 

3 三世代が暮らす家

 七ヶ宿町にあるこのグループホームでは、20歳代の若い障害者が暮らしており、その多くが就労しています。高齢者と障害者の年齢差が大きいため、祖父母(高齢者)・父母(スタッフ)・子ども(障害者)の「三世代が暮らす家」をイメージして運営しています。

若い障害者は介護スタッフ等として熱心に働いています

写真・送迎車両の運転

送迎だったらまかせとけ!

普段は、なかなか生活のリズムが合わない高齢者と障害者ですが、行事の時には家族のようなふれあいがあります

 

担当員のノートから
 年末に手づくりの正月飾りをつくる「なわない」という行事が行われるということで取材に行ってきました。
 共生型グループホームに隣接する特別養護老人ホームを会場に、共生型グループホームの入居者等が、なわないの経験がある職員とその家族(地域の方です)に教えてもらいながら、しめ縄などの正月飾りをづくりを楽しみました。昔取った杵柄(きねづか)なのか、90歳を超える方でも、手足をたくみにつかい縄飾りを作る様子が印象的でした。

写真・縄飾り

完成した縄飾りです。地域ごとに個性があるそうですよ。

 

4 地域とともに歩む

 柴田町にあるこのグループホームは、多機能型地域ケアホームの居住スペースです。地域との協働のもと在宅福祉を支える多様なサービスを提供しています。

 地域の方が気軽に立ち寄れる交流スペースがあります

写真・交流スペースの様子

よってございん

 

 

5 グループホームが育む出会い

 東松島市にあるこのグループホームでは、障害者・高齢者ともに50歳代から80歳代の方が居住しています。比較的高齢の方が多いためか、穏やかな雰囲気の中にも、入居者どうしがおたがい支え合おうとする姿が芽生えています。

ここで始めて出会ったふたりですが、家族(親子?姉妹?親友?)のように意気投合しています

写真・ふたりで仲良く料理

料理や片付けはみんなで協力して行います

地域の方や家族との交流が盛んです

写真・学童農園の収穫祭

学童農園の収穫祭に招待されました

写真・家族会による草刈り

家族会で夏草を刈ってくれました

写真・介護教室の様子

地域の方を対象にした介護教室の様子です

「もくじ」へ戻る

 

6 まちなかの暮らし

 柴田町にあるこのグループホームは、住宅や大型ショッピングセンター等が立ち並ぶニュータウンにあり、多機能型地域ケアホームとして多様な在宅サービスを提供しています。

普段の買いものは、グループホームから徒歩数分のショッピングセンターに出かけます。入居者からの意見で食材が変わることもあります。

写真・夢の架け橋広場

一角には「夢の架け橋広場」があり、買いもの帰りに一休みすることもできます

自治会の会員に入れていただき、地区の行事には積極的に参加しています

写真・運動会の一コマ

運動会でハッスル!

月1回、隣接する地域ケアホームで、どなたでも参加できる「地域交流サロン」を始めました

写真・地域交流サロンの一コマ

今回のテーマは「気軽に体を動かしましょう」