ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県学校防災体制在り方検討会議

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月3日更新

宮城県学校防災体制在り方検討会議

設置目的

 石巻市立大川小学校の事故に関する裁判の最高裁決定を受け,教育現場において高い専門性に基づく防災教育の充実と学校防災体制の再構築が必要となってきていることから,東日本大震災の教訓をもとに進めてきたこれまでの本県の学校防災の取組の検証を行い,今後の新たな取組について検討するため,宮城県学校防災体制在り方検討会議を開催する。

検討事項

  1.  東日本大震災の教訓をもとに進めてきたこれまでの学校防災の取組の検証について
  2.  学校防災の再構築に向けて必要となる新たな取組について
  3.  その他,学校防災の在り方に関して必要な事項について

第1回検討会議

  1. 日  時 令和2年2月5日(水曜日) 午後4時30分 開会
  2. 場  所 行政庁舎4階 特別会議室
  3. その他 一般傍聴の定員は,15名(先着順)※受付開始午後4時
          傍聴要領はこちら [PDFファイル/91KB] 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)