ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業水産業水産業みやぎの漁業担い手確保育成支援事業『平成29年度みやぎ漁師カレッジ』長期研修第1期生募集!!

みやぎの漁業担い手確保育成支援事業『平成29年度みやぎ漁師カレッジ』長期研修第1期生募集!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

みやぎの漁業担い手確保育成支援事業『平成29年度 みやぎ漁師カレッジ 長期研修』第1期生参加者募集!!

 漁業就業者の減少・高齢化が進む中,東日本大震災の影響により漁業就業者数がさらに急減したことから,本県水産業が将来にわたって漁業が持続的に発展していくためには,意欲ある新規漁業就業者の確保が重要となっています。

 そのため,これまで国が実施する長期研修事業に加え,新たにみやぎ漁師カレッジ長期研修を実施し,新規漁業就業者の確保・育成を図るものです。

 

1 開催期間  平成29年6月1日(木曜日)から12月22日(金曜日)まで 7ヶ月間

2 場  所    座学:女川町まちなか交流館(宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-36),

                              女川町魚市場会議室(宮城県牡鹿郡女川町宮ヶ崎字宮ヶ崎87)

             現場研修 ※現場研修への移動については、各自で移動手段を確保してください。

3 内容

        (1)座学(例:宮城の水産業、水産関係諸制度、ロープワーク等)

        (2)現場研修(例:カキ・ノリ・ワカメ・ホタテ養殖、定置網等)

5 定  員  10名程度(定員を上回った場合,お断りする場合があります)

6  対象者   概ね45歳未満で、研修後は宮城県内に定住し、漁業に従事される方

6 受講料   無料(交通費,食費,作業着等は研修生負担) 

         ※研修中の宿泊については、一部支援がありますが、詳細については、別途ご相談ください。

7  研修期間中のおける支援制度

        (1)資格取得支援

          一級小型船舶操縦士、第二級海上特殊無線技士、3級簿記等の資格取得費支援があります。

        (2)その他支援制度

          研修期間における研修生の負担軽減のため、一定の要件を充たす方については、

          次の支援制度を利用することができます。

          1 次世代人材投資型事業(準備型) 7ヶ月87.5万円

8 募集期間  平成29年4月1日(土曜日)から平成29年4月30日(日曜日)まで 

9 申込方法   参加申込書 [Wordファイル/30KB]により必要事項を記入の上,公益財団法人宮城県水産振興協会宛て,

        FAXまたはE-mailによりお申し込みください。

      詳細については,こちらから ⇒ 宮城県漁業就業者確保育成センター(公益財団法人 宮城県水産振興協会内)

10 募集チラシはこちら [PDFファイル/1.19MB]から

【問い合わせ先】

 公益財団法人 宮城県水産振興協会

 住所 〒985-0812

     宮城県宮城郡七ヶ浜町松ヶ浜屋敷142-1 

 電話:022-253-2643 / FAX:022-253-6178

 メール:suishinkyo9-miyagi@maff.or.jp

  (担当:漁業担い手確保育成コーディネータ 五十嵐)

 なお,長期研修にかかわらず漁業就業に関する質問,相談などありましたら電話,メール等でお問い合わせください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)