ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

栽培漁業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

栽培漁業とは

栽培漁業は水産資源の維持・増大と漁業生産の向上を図るため,種苗生産,放流,育成管理等の人為的手段を施して資源を積極的に培養しつつ漁獲する「つくり・育てる」漁業です。

宮城県では,財団法人宮城県水産公社などと連携を図りながら種苗の生産・放流事業や技術開発に取り組んでいます。

水産動物の種苗の生産及び放流並びに水産動物の育成に関する基本計画[PDFファイル/69KB](平成17年3月公表)

宮城県における種苗生産・放流実績

宮城県における種苗生産・放流実績 単位:千尾(個),mm
魚種名区分平成10平成11平成 12平成13平成14平成15平成16摘要
エゾアワビ生産1,2441,2101,2001,2021,1681,117925放流実績は他機関からの搬入種苗を含む
放流1,2671,3981,3971,2301,3281,4091,184
ヒラメ生産1,0601,3351,5921,5591,8091,4871,490 
放流7079221,1551,1199301,116899
ホシガレイ生産16544167025146放流実績は他機関からの搬入種苗を含む
放流365458183023940
マコガレイ生産---44757915715 
放流---44757915715
クロソイ生産5504501200311070放流実績は他機関からの搬入種苗を含む
放流3973231501111111070

関係機関リンク

本文こまでです


    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)