ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

延滞金の減免について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

延滞金は、原則として減免はできません。
ただし、下記のような特殊な事情がある場合は、延滞金の減免ができる場合があります。

延滞金減免の表
該当理由減免額
「徴収の猶予」に該当する場合徴収猶予期間中につき、全額又は1/2の減免
 災害や盗難等の災難に遭遇した場合個別の事情に基づき減免額を決定します。
法人の解散・破産の発生
納税者が死亡した場合、又は身体を拘束され納付できない場合
訴訟期間中のため、納付できない場合
生活扶助等を申請している場合等
更正決定を受けた税金について、その理由がやむを得ない事情による場合