ここから本文です。

事務所の目標

東日本大震災の復興を支えるダム管理・運用の実現

適正な治水安全度と利水容量の確保

大震災により地盤沈下した沿岸域における洪水被害等の低減,県民の生命・財産の安全を確保するため,管理ダムにおいて可能な限りの治水容量を確保し,また,塩害耕作地の洗浄など被災地域への農業用水・水道水の供給を考慮した弾力的な運用を行う。

ダム事業の検証を行っている川内沢ダムについては,「検討の場」を引き続き開始し,速やかに対応方針を決定する。

危機管理体制の確立

今後も長期にわたる余震活動や近年の異常気象による集中豪雨等の発生が懸念されていることから,確実な管理体制を構築する。

主要事業及び取組

適切な意見調整の実施

治水と利水の相反する課題解決に向けた,積極的な利水者との情報共有・意見交換

確実な情報の収集と提供

大雨,洪水情報等の早期収集,ダム情報と合わせて関係機関に速やかに提供

きめ細やかなダム管理の実践

  • 利水者との調整,可能な範囲で最大限の治水容量の確保
  • 中・長期気象予報による渇水予測,塩害耕作地の洗浄等を考慮したきめ細やかなダム管理

大倉ダム等堰堤改良事業の適切な実施

  • 東日本大震災の影響を踏まえた施工計画に基づく適切な進行管理
  • 樽水ダムの事業着手に向けた,改良計画の策定と関係機関との協議

事務所の重点事項・懸案事項

ダム見学者の積極的な受入の継続

ダムの機能や現状を紹介,ホームページでの見学予約の受付、積極的な広報活動

ダムネーミングライツの推進

仙台環境開発大倉ダム,うしちゃんファーム七北田ダム,釣りスタ南川ダムにおいて,スポンサー企業との連携した地域貢献

ダムストックマネージメントの継続

週・月点検や補修・修繕等の維持管理情報の蓄積,施設管理の適正化とコスト縮減

事務所の取組姿勢

ダム管理情報の共有化の徹底と,全職員による臨機応変な管理体制の実践に取り組む

  • 職員による定期点検や一斉点検の実施と現状の把握
  • 全職員を対象としたローテーションによる定期点検の実施

お問い合わせ先

仙台地方ダム総合事務所総務班

仙台市泉区将監十丁目37-4

電話番号:022-372-2103

ファックス番号:022-372-2115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は