ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課宮城で見られる緑化木・樹木の病害虫(根の病気)

宮城で見られる緑化木・樹木の病害虫(根の病気)

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月6日更新

””宮城で見られる ””
緑化木・樹木の病害虫
根の病気

 

目次

  1. ならたけ病
  2. べっこうたけ病
  3. マツつちくらげ病

緑化木・樹木の病害虫一覧に戻る

 

ならたけ病

被害樹種

  • 多くの広葉樹やマツ類,ヒノキ類などの針葉樹

 

病気の生態と被害の発症

  • ナラタケは,本県ではオリミキとかボリボリ,ネッコモタツなどと称され,食用にされるキノコの一種である
  • ナラタケ菌が生立木の根に寄生し,樹木を枯死させる
  • その速度は,幼齢樹又は老齢樹では早く,壮齢樹はジワリジワリと数年にわたり衰退し枯死する
  • 枯れの症状は乾燥による被害と見違える場合が多い
  • 枯死した木の地際部の樹皮を剥いで見ると,キノコの匂いのする白色の菌糸膜が確認され,秋には子実体(キノコ)が見られる

 

防除法

  • 枯れた木は丁寧に抜き取り,焼却処分する
  • その場に新たな苗木を植栽する場合は,カーバム剤等で土壌処理した後に植える
  • 土の湿った場所に発生しやすいので排水に注意する

 

べっこうたけ病

被害樹種

  • サクラ,ケヤキ,カエデ類,イヌエンジュなど多くの樹木

 

病気の生態と被害の発症

  • 病原菌は地際部や根に傷ついた傷口から侵入し,樹幹の心材部まで腐朽させる
  • 被害を受けた樹木には,地際部の周囲に初夏から秋に子実体(キノコ)が見られる
  • 子実体の発生を見て初めて被害を発見する場合が多いが,この時点では腐朽は相当進んでいる
  • 本病に罹患した樹が倒伏し,交通障害を起こすなどの ニュースを良く見かける

 

防除法

  • 樹木の周囲で作業する際には,根や周辺部を傷つけないように留意する
  • 被害が軽度の場合には患部を除去するなど,外科的手術を行い腐朽の拡大を防ぐ

 

べっこうたけ病の表
サクラの樹上部に発生した子実体(大河原町「一目千本桜」)

サクラの樹上部に発生した子実体(大河原町「一目千本桜」)

 

マツつちくらげ病

被害樹種

  • クロマツ,アカマツなどのマツ類

 

病気の生態と被害の発症

  • 健全な松の根の粗皮表面及び内部に灰白色の菌糸束が伸びる
  • やがて根が菌に侵され,樹勢が衰退しながら枯れていく
  • 海岸に多く発生し,同心円状に毎年被害は外側に拡大する
  • 夏から秋にかけ,病気にかかった根元周辺の地上部に,栗色~暗紫褐色の子実体(キノコ)が現れる
  • この被害は,焚き火や野焼きした跡地に発生する

 

防除法

  • 松林中では,焚き火やキャンプファイヤーなど絶対に行わない
  • 被害地では周囲を耕耘し薬剤による土壌消毒で被害拡大を防ぐ

 

マツつちくらげ病の表
海岸クロマツ林に発生した子実体(暗紫褐色で中空のボロボロしたもろいきのこ)

海岸クロマツ林に発生した子実体