ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課宮城で見られる緑化木・樹木の病害虫(樹液を吸う害虫)

宮城で見られる緑化木・樹木の病害虫(樹液を吸う害虫)

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月19日更新

””宮城で見られる ””
緑化木・樹木の病害虫
樹液を吸う害虫

 

目次

  1. アブラムシ類
  2. カイガラムシ類
  3. カツラマルカイガラムシ
  4. ケヤキフシアブラムシ
  5. ツツジグンバイムシ
  6. ハダニ類

緑化木・樹木の病害虫一覧に戻る

 

アブラムシ類

被害樹種

  • 多くの樹木に寄生する。樹種毎に寄生する虫の種類は違う

 

虫の特徴と被害の発症

  • 成虫,幼虫ともに新芽や新葉に長い口針を刺し込んで樹液を吸汁する。その時,芽は萎縮,葉が巻いたり,変形することがある
  • 繁殖は雌だけの単性生殖で行い,旺盛に増殖する
  • 排泄物で葉や花,果実が汚れたり,スス病やウイルス病を発生させる原因となる

 

防除法

  • エストックス,オルトランなどの液剤散布が効果的である。低木にはエカチン,ダイシストン等の土壌施用の方法も効果がある
  • 寄生させたくない樹木には,防虫網を張り,成虫の飛来を防ぐ

 

アブラムシ類の表
バラに寄生したイバラヒゲナガアブラムシ「モモアカアブラムシ」の被害により葉が巻き込む

バラに寄生したイバラヒゲナガアブラムシ

「モモアカアブラムシ」の被害により葉が巻き込む

 

カイガラムシ類

被害樹種

  • 多くの樹木に寄生する。樹種毎に寄生する虫の種類は各々違う

 

虫の特徴と被害の発症

虫の特徴や種類として次のような虫種がある

  1. 貝の形をした堅い殻で覆われているもの
  2. 背中に白い粉をまとい自由に動き回るもの
  3. ロウ物質で覆われているもの
  4. 白い袋を付けるものなど

 

防除法

  • 何れのカイガラムシも,堅い殻やロウ物質で体が覆われているため,薬剤の防除時期は限られるが,5~7月の幼虫期にスプラサイドやカルホスなどの薬剤が効果がある。
  • 厳冬期に,マシン油乳剤や石灰硫黄合剤の散布は効果的

 

カイガラムシ類の表
マツコナカイガラムシ(クロマツ)ツノロウムシ(サザンカ)
マツコナカイガラムシ(クロマツ)

ツノロウムシ(サザンカ)

 

カツラマルカイガラムシ

被害樹種

  • クリ,ナラ類,カエデ類,シデ類,カンバ類,ハンノキ類など

 

被害の発症

  • 広範囲の広葉樹に寄生するが,特にクリ園で被害が大きい
  • 被害は葉のしおれから始まる。やがて木全体が枝枯れ状態となり,激しい被害を受けると木が枯れる場合がある

 

虫の特徴

  • 直径2mm以下の円形の白い殻を被ったカイガラムシである
  • 葉の葉脈から太い樹幹まで一面に寄生し,樹液を吸う
  • 若い幼虫には脚があり動き回るが,直ぐに殻を着けて定着する

 

防除法

  • 年2回発生する幼虫初期に,スプラサイド乳剤40を散布する
  • 厳冬期に,石灰硫黄合剤又はマシン油も効果がある
  • 被害部分を冬季に持ち出し焼却するのも効果が大きい

 

カツラマルカイガラムシの表
天然記念物のクリに発生,典型的な被害形態を示している成虫と幼虫

天然記念物のクリに発生,典型的な被害形態を示している

成虫と幼虫

 

ケヤキフシアブラムシ

被害樹種

  • ケヤキ,ニレ

 

虫の特徴と被害の発症

  • ケヤキの葉表に壺形の虫コブをつくるアブラムシ
  • 葉裏に寄生したこの虫の刺激で,葉が凹む
  • 虫コブは次第に黒褐色に変わり大量に発生すると美観を損ねる
  • 葉が枯れるため,樹勢が損なわれる
  • 夏の間は,ササ類の根に寄主し,秋にケヤキに戻る

 

防除法

  • 中間寄主のササや竹類を遠ざける
  • 新芽が出る4月中の孵化期に,ディプテレックス乳剤1000倍液の散布が効果的

 

ケヤキフシアブラムシの表
壺形になった虫コブ衰弱し先端部が枯れかかっている
壺形になった虫コブ

衰弱し先端部が枯れかかっている

 

ツツジグンバイムシ

被害樹種

  • ツツジ,サツキ,アザレア

 

虫の特徴と被害の発症

  • 成虫の翅は透明で軍配に似たことが名の由来
  • 成虫,幼虫とも,葉裏から長い口針を刺し込み樹液を吸汁する
  • 葉裏から樹液を吸汁されるため,葉の色が脱色される
  • 葉表からは,カスリ状の被害が見え,緑色が退色する

 

防除法

  • 葉裏に付いた虫を圧力の高い水道水で吹き飛ばす
  • 5月初めから出方を確認しながら,薬剤を散布する
  • 薬剤は,葉裏を重点にアクテリック,スミチオン,カルホス等の乳剤を散布する
  • ダイシストン粒剤など,土壌に撒く薬剤は薬効期間が長く効果的

 

ツツジグンバイムシの表
被害葉はカスリ状になる緑色が薄く見た目が悪い(気仙沼市)

被害葉はカスリ状になる

緑色が薄く見た目が悪い(気仙沼市)

 

ハダニ類

被害樹種

  • スギ,マツ類,ビャクシン,モクセイ,ツゲ,バラなど

 

虫の特徴と被害の発症

  • ハダニは昆虫でなく,クモの仲間(脚が4対,8本)である
  • 葉から樹液を吸汁されるため,葉色は急激にあせる
  • 各樹種に寄生するハダニは,それぞれ別の種類である代表的な樹木に寄生するハダニには次のものがある
    •  スギ(スギノハダニ)
    • モミ・マツ(トドマツハダニ)
    • ビャクシン(ビャクシンハダニ)
    • バラ(ナミハダニ)
    • ツゲ(チビコブハダニ)

 

防除法

  • スギ造林地に発生するスギノハダニは,過去,林業害虫として幼齢林に発生する重要な害虫であった
  • 虫の発生状況を確認しながら,薬剤を散布する。薬剤には,殺ダニ剤のケルセン,アカールなどがある
  • ダイシストン粒剤など土壌処理薬剤は薬効期間が長く効果的

 

ハダニ類の表
スギハダニに加害された枝は黄色味を帯びる

スギハダニに加害された枝は黄色味を帯びる