ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飲食店への要請(感染予防対策)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月13日更新

飲食店への要請(感染予防対策)について

 

 宮城県は,現在,県内の飲食店に対し,新型コロナウイルスの拡大を防止するために,表のとおり感染予防対策を講ずるよう要請しています。

 

飲食店に要請している感染予防対策(まん延防止等重点措置)について
要請している感染予防対策

仙台市内の

飲食店

仙台市を除く

県内全域の

飲食店

利用者へのマスク会食実施の周知及び正当な理由なく応じない利用者の入場禁止(退場を含む)特措法第31条の6第1項に基づく要請※
 
特措法第24条第9項に基づく要請
アクリル板の設置等
 従業員への検査勧奨
 入場者の整理誘導
 発熱等有症状者の入場禁止
手指の消毒設備の設置
   事業所の消毒
施設の換気
 カラオケ設備の利用自粛(飲食を主業とする店舗で,カラオケ設備がある店)
 CO2センサーの設置特措法第24条第9項に基づく要請
 業種別ガイドラインの遵守を徹底

○確認調査で仙台市内の飲食店にお伺いしたときに,重点的に見せていただく項目となります。
※正当な理由なく応じていただけない時,命令,公表,過料の対象となることがあります。(対象:仙台市内の飲食店)

 

感染予防対策の具体的な内容について

 

利用者へのマスク会食実施の周知及び正当な理由なく応じない利用者の入場禁止(退場を含む)

 従業員はマスク着用を徹底するとともに,来店者に対し,食事中以外のマスクの着用について,掲示や声がけなどで促してください。

 また,マスクの着用等の感染防止措置を講じない来店者に対して,入店を断ってください(すでに入場している者の退場も含みます。)。

  「正当な理由」については,来店者が有する疾患等によりマスクの着用等が困難な場合や,窒息や熱中症のリスクが高いとされる子どもであること等が該当します。

図6マスク

         (掲示ポスター例)

   ポスター1

    ポスター1 [PDFファイル/626KB]    

 

ポスター2

    ポスター2 [PDFファイル/726KB]  
 

アクリル板の設置等

  座席の配置などを工夫し,密にならず,他の来店者との間隔をとってください。

  目安として,全ての座席について,

  • パーティション(アクリル板等)が設置されている。
  • 座席の間隔が1m以上確保されている。

  のいずれかに満たしていることが必要です。

 

 アクリル板等の設置箇所

 カウンター席については,カウンター上に隣の席との間の両サイドに設置してください。

 テーブル席については,原則は下記のイラストを参考にアクリル板等を設置してください。

 テーブルとテーブルの間の距離が狭い場合は,テーブル間にもアクリル板等を設置することが必要です。

 テーブル席で前面には設置されていても,隣の席との間にアクリル板等の設置がない場合は,席間を1m以上空けることが必要です。もしくは,隣の席を使用しないこととすることが必要です。

 

(カウンター席の場合)

図4カウンター席

(テーブル席の場合)

図6テーブル席

アクリル板等の大きさ等

 アクリル板等の高さは,目を覆う程度の高さ以上のものを目安としてください。

 テーブルの高さが低い,小さいなど,テーブルにアクリル板等を設置することが適当でないと判断される場合は,座席間1m以上を確保することが必要です。

(カウンター席の場合)

図11カウンター席

(テーブル席の場合)

 図10テーブル席アクリル板

                          

 (参考) 「緊急事態宣言解除後地域における当面の間の飲食業の在り方」 [PDFファイル/482KB](令和3年2月25日,新型コロナウイルス感染症対策分科会)      

従業員への検査勧奨

 感染拡大防止の観点から,従業員が行政検査の対象となった際に速やかに検査を受けていただけるよう,都道府県知事による検体の提出等の求めへの協力等を従業員へ周知してください。

 

入場者の整理誘導

 来店者が密集しないよう整理・誘導してください。

 

発熱等有症状者の入場禁止

 発熱,咳その他の風邪症状を呈している来店者(従業員・出入りの業者等を含む)の入店を断ってください。

 

手指の消毒設備の設置

 店内入口に消毒設備を設置し,入店時に必ず,従業員が来店者に呼びかけ,手指消毒を徹底する旨を促してください。

図7消毒液

事業所の消毒

  共用する物品や手が頻回に触れる箇所(テープル,椅子の背もたれ,ドアノブ,電気のスイッチなど)の定期的な消毒を行ってください。

 

施設の換気

 機械換気がある場合は,常時運転するなど適切に稼働させ,徹底した換気を行ってください。また,必要に応じて,換気設備のフィルターの清掃等を行ってください。

 建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)の対象施設については,建築物衛生法に基づく空気環境の調整に関する基準を満たしてください。

 建築物衛生法の対象外施設については,換気設備により必要換気量(一人あたり毎時 30 ㎥)を確保する,または,30 分に 1 回,5 分程度,2 方向の窓を全開(窓が一つしかない場合は、ドアを開ける)するなどにより,十分な換気を行ってください。

 窓開けによる換気を行う場合は,室温及び相対湿度を維持しようとする際に窓が十分に開けられない場合は,窓の開放と併せてHEPAフィルター付きのろ過式の空気清浄機や加湿器などの使用を検討してください。

図8換気

  (参考) 「「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法」  (厚生労働省)

 

カラオケ設備の利用自粛(飲食を主とする店舗で,カラオケ設備がある店)

 いわゆる昼カラオケ等でクラスターが多発しています。

 飲食を主として業としている店舗において,カラオケを行う設備を提供している場合,当該設備の利用自粛をお願いします。

 

CO2センサーの設置

  換気を徹底するにあたり,CO2センサーの使用等により,室内の二酸化炭素濃度が一定水準(目安1,000ppm)を超えていないかを確認し,換気状況の把握に努めてください。

  CO2センサーを用いて店内を測定し,二酸化炭素濃度が一定水準(目安1,000ppm)を超えないように換気や収容人数を調整してください。

 

図5CO2センサー

  (参考) 「冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法」 (厚生労働省)

                  

業種別ガイドラインの遵守を徹底

 業界団体ごとに感染拡大予防ガイドラインが策定されており,より具体の対応が記載されていますので,業種別ガイドラインを遵守し,感染予防対策の徹底をお願いします。

 

  ガイドラインはこちらから入手が可能です。

  業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策サイト)

   

  <飲食店関係ガイドライン>

    外食業

    社交飲食業

    特定遊興飲食店(ナイトクラブ)

    オーセンティックバー

    ライブハウス

    ライブレストラン

    カラオケボックス等の歌唱を伴う飲食の場

    ホテル業

    宿泊施設  など

 

感染予防対策の設備支援制度について

 感染予防対策の設備支援制度についてはこちらです。

  新型コロナウイルス感染予防対策の設備支援制度について [PDFファイル/102KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)