ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業研究開発試験研究令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞候補者の推薦
トップページ分類でさがすしごと・産業研究開発研究機関令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞候補者の推薦

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞候補者の推薦

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月15日更新

 

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞候補者の推薦について

 創意工夫功労者賞は,企業等において職場で実際に創意工夫を行い,飛躍的な作業能率の向上,製品の品質の向上,コストの大幅な削減など,科学技術振興の基盤づくりに貢献している方々を対象として昭和35年から行っているものです。

宮城県では、文部科学省に推薦する同表彰の受賞候補者の募集を行っています。是非この機会に、職場の皆様の創意工夫をお寄せください。

対象

 (文部科学省募集要領より抜粋)

  1.  創意工夫の内容については,候補者の職域における創意工夫(発明・考案に限らず,広く技術などの改良・改善を含む)によって,例えば飛躍的な作業能率の向上,製品の品質の向上,コストの大幅な削減,未利用資源の活用,作物の増収,品種改良,傷害防止,公害,災害の防止など職域での技術等の改善向上に貢献した社内表彰等の受賞歴を有するなど実績顕著なものとする。従って、単なる永年勤続者、精勤者等は対象とはならない。
  2.  年齢制限については設けない。ただし,表彰年度の4月1日現在で同一会社に継続して5年以上勤務していることを要する。
  3. 候補者の学歴については,原則として高等学校卒業以下を対象とする。ただし,短大,高等専門学校及び文化系の大学卒業者も対象とする。なお,就業中に夜間の大学(理工系)を卒業した者についても対象とする。
  4. 候補者は人格に著しい欠陥のない者であること。
  5. 異なった業績による場合であっても,5年以内における同一人の重複した表彰は行わない(本年度は,平成29年度以降の当該表彰受賞者は対象とならない)。
  6. 1業績3名以内(個人)とする。
  7. 候補者の職場における地位上の制限については,工場などにおける職長以下(部下に対して管理権を持たない〔管理職手当を支給されていない〕者であれば,課長名の職でも可)の工員,農業従事者,医療補助者,研究所における技能職員,及びこれと同程度の者までとする。

詳細については,文部科学省HP及び推薦事務要領をご確認願います。

文部科学省HP

 https://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1417596_00004.htm 

推薦事務要領 [PDFファイル/3.31MB]

推薦方法

 以下の書類を作成し,宮城県新産業振興課までご提出ください。
 (企業様から直接のご推薦のほか,各種団体を通じての推薦も受け付けております)

 

推薦締切

 令和3年8月27日必着

問合せ先・提出先

宮城県経済商工観光部 新産業振興課 新産業支援班
電話 022-211-2722
mail shinsans@pref.miyagi.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)