ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす新産業振興課宮城県情報通信関連企業立地促進奨励金について

宮城県情報通信関連企業立地促進奨励金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月18日更新

 宮城県では,ソフトウェアなどの設計や開発機能を有する情報通信関連企業の立地・集積を目指しており,「宮城県情報通信関連企業立地促進奨励金」を交付することにより,進出する企業の初期投資軽減への支援を行っています。

交付対象となる企業

 (1)ソフトウェア業又は知事が認めるこれに類する業を行う事業所のうち,開発拠点又は本社等に該当するもの。
   ※本社等とは,地域再生法第17条の2第3項に規定する地方活力向上地域特定業務施設整備計画の認定を受けた本社機能を有する事業所となります。
    なお,地域再生法第17条の2第3項に規定する地方活力向上地域特定業務施設整備計画の認定については,県産業立地推進課ホームページを御確認ください。 

 (2)事務業務オフィス(バックオフィス,BPOオフィスなど(コールセンターは除く。))
 

(1)交付要件

 (1)投下固定資産等奨励金(事務業務オフィスは除く。)
    初期投下固定資産相当額が1,000万円を超えること
    ※初期投下固定資産相当額の算定方法
    開設日の翌年1月1日現在の固定資産評価額(土地を除く)並びに5年間の土地賃借料,建物賃借料及び設備機器賃借料の合計額 

 (2)新規雇用奨励金
   イ:開発拠点又は本社等:対象となる事業所の開設日から1年(若しくは2年,3年)経過した日に,5人以上新規雇用していること
   ロ:事務業務オフィス:対象となる事業所の開設日から1年(若しくは2年,3年)経過した日に,10人以上新規雇用していること

(2)交付内容

イ.投下固定資産等奨励金 (初年度のみ・事務業務オフィスは除く)

 対象となる事業所の開設日の翌年1月1日現在における投下固定資産額と,開設日から1年間の土地,建物,設備機器賃借料の合計額に,以下の交付率を乗じた合計額

 
 事業所交 付 率交付限度額
投下固定資産賃借料
開発拠点等1/101/31,000万円
本社機能1/101/101,000万円
本社機能+開発拠点等1/10  +  1/101/3  +  1/102,000万円

ロ.新規雇用者数に対する奨励金(3年間)

  開設日から1年経過した日の新規雇用者数に,以下の奨励金額を乗じて得た額 
  新設日から2年経過日,3年経過日も前年度より増えた人数に応じて交付します。

 
交付対象新規雇用者数奨励金額交付限度額
開発拠点又は本社等5人以上1人につき30万円
(新規雇用者が県内教育機関の新卒者である場合は60万)
1,000万円×3年
事務業務オフィス10人以上1人につき30万円
(雇用期間の定めのある労働者の場合は15万円)
500万円×3年
新規雇用者の要件

  事業所の開設に伴い新たに雇用されたもの

  イ:開発拠点又は本社等
     ・ 宮城県に住所を有する者
     ・ 雇用保険に加入している者(派遣労働者は除きます。)
      ・ 情報通信関連業に直接従事する者
     ・ 雇用期間の定めのない常勤の雇用者

  ロ:事務業務オフィス
     ・ 宮城県に住所を有する者(採用前の6ヶ月以内に本県へ転入した者は除く)
     ・ 雇用保険に加入している者(派遣労働者は除きます。)
     ・ 事務業務に従事する者

(3)交付手続きについて

 奨励金の交付を希望する場合には,事業所開設の30日前までに「奨励金交付対象事業所指定申請書」の提出が必要となります。
 交付手続きの流れにつきましては,「交付手続き等フロー」をご確認ください。

 

(4)交付要綱等

 

本奨励金に係る問い合わせ先

 宮城県 経済商工観光部 新産業振興課 情報産業振興班

 電話:022-211-2479  E-mail:shinsanj@pref.miyagi.lg.jp
                ※迷惑メール対策のため,電子メールアドレスの「@」は全角となっていますので,半角に変換してください。

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)