ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす新産業振興課ET2014のTOHOKUパビリオンに県内の企業・団体が出展

ET2014のTOHOKUパビリオンに県内の企業・団体が出展

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月22日更新

概要

 11月19日から21日の3日間にわたり,パシフィコ横浜(横浜市)を会場に,組込み総合技術展「Embedded Technology 2014」が開催されました。

 今回も,東北地方における組込み技術関連産業分野の企業・各種団体が連携し,「TOHOKU パビリオン」として出展しました。
 宮城県関係では,5社,2団体が出展し,それぞれが持つシーズを発表しました。また,パビリオンに来場された方々と,情報交換や商談活動が活発に行われました。
TOHOKUパビリオン
※参考データ
  ET2014全体の入場者 22,507名(ET2013は21,485名)

  • 主催
    一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)

県内からの出展状況

企業(5社)

(株)エキサイト

 「超解像度欠陥検査システム」

NECソリューションイノベータ(株)

 「車載 Ethernet 関連技術,嗜好エンジンソリューション」

匠ソリューションズ(株)

 「非接触掌紋認証システム,暮らしを見守るシステム」

東杜シーテック(株)

 「温度分布計測システム,掌紋認証システム」

安川情報エンベデッド(株)

 「組込機器制御ソフトウェア作成」

団体(2団体)

仙台市【東北スマートアグリカルチャー研究会※(T-SAL)】

 「営農包括支援,圃場向けカメラ・センサーソリューション」
※出展企業
 (株)アイエスビー東北,(株)SJC,トライポットワークス(株)

みやぎ組込み産業振興協議会

 「地域の研究シーズを活用した産学官連携への取り組みの紹介」

 みやぎ組込み産業振興協議会