ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

海外商標出願問題

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

中国・台湾での日本の地名等の第三者による商標出願・登録にご注意ください!

 中国・台湾において日本の地名や地域ブランド等が第三者によって出願・登録される事例が相次いでおり,これによって日本企業等の現地でのビジネス展開に支障が生ずるリスクが増加しています。

 県でも東北経済産業局特許室やジェトロ仙台貿易情報センターなど,県内の知的財産支援機関とのネットワークを活用し海外の知的財産権問題に関する情報収集を行っております。

第三者による冒認出願・登録への主な対応策

  1. 自らの商標を早期に出願することが重要
  2. 出願する場合は,地名と図形を合わせたロゴマーク等識別力の高い商標として出願する(地名の文字のみでは,登録拒絶や取消のリスクが大きい)。

 また,この問題に関して,国においても中国・台湾での商標検索・法的対応措置に関するマニュアルの作成や北京・台北における相談窓口の設置など総合的支援策を行っております。詳しくは下記の特許庁のホームページを御覧ください。

特許庁プレスリリース

中国・台湾での我が国地名の第三者による商標出願問題への総合的支援策について

中国・台湾での商標検索・法的対応措置に関するマニュアル等

(1) 中国・台湾で既に行われた商標の出願・登録状況についての調査方法をまとめた「商標検索マニュアル

 中国版(PDF:337KB)台湾版(PDF:728KB)

 →本マニュアルは,中国及び台湾の商標局のホームページのアクセス方法,商標の検索方法などについて,具体的事例を分かりやすく図示したもので,これを活用すれば,事業展開を行うに先立って,他者の商標出願の状況を監視することが可能となります。

(2) 都道府県名・地域団体商標の冒認出願(第三者による商標の抜け駆け出願)に対する法的な対応策を判りやすくまとめた「冒認出願対策リーフレット

 中国版(PDF:762KB)台湾版(PDF:258KB)

 →本リーフレットは,商標登録や登録取消請求等の手続の概要を分かりやすく解説するもので,これを活用すれば,第三者による抜け駆けの出願・登録に対する迅速な対応が可能となります。

(3) 法的対応・手続等の詳細について解説した「商標冒認出願対策マニュアル

 中国版(PDF:2,479KB)台湾版(PDF:795KB)

 →本マニュアルは,企業や自治体の法務部門向けに最近の冒認出願の実例に鑑み,事前・事後にとり得る対策及び手続の流れ,実際に日本企業が第三者から商標を取り戻した事例等を紹介したものです。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)