トップページ > しごと・産業 > 情報政策・IT産業 > IT企業支援 > 令和元年度先進的AI・IoT活用ビジネス創出実証業務の企画提案を募集します。(成果報告書を掲載しました。)

掲載日:2020年4月22日

ここから本文です。

令和元年度先進的AI・IoT活用ビジネス創出実証業務の企画提案を募集します。(成果報告書を掲載しました。)

1 更新情報

  • 令和元年5月7日 「先進的AI・IoT活用ビジネス創出実証事業業務」の企画提案を募集します。
  • 令和元年5月24日 本業務への質問はありませんでした。
  • 令和元年6月14日 企画提案の募集を締め切りました。
  • 令和元年7月18日 企画提案の選定結果を掲載しました。
  • 令和2年4月22日 選定案件2件の成果報告書(公開版)を掲載しました。

2 委託業務名

先進的AI・IoT活用ビジネス創出実証事業業務

3 事業概要

県内IT関連企業等が,自動車・高度電子機械関連産業,農林水産業及び水産・食品加工関連産業等の県内ユーザー企業等の人手不足対策,生産性向上,新たな価値創出といった課題解決に寄与する,AI・IoT活用システムを開発し,導入実証を行うことにより,県内における先進的なAI・IoT関連ビジネスの創出,市場形成を図ることを目的とした事業を実施します。

事業実施に当たっては,企画提案を公募して受託事業者を選定します(プロポーザル方式)。

詳細については,下記に掲載されている募集要領をご確認ください。

4 委託期間

契約締結日から令和2年3月6日まで

5 事業費(委託上限額)

1件当たり金4,908,600円以内(消費税及び地方消費税の額を含む。)

6 採択件数

2件程度

7 委託業務の内容

  • (1)AI又はIoTを活用したビジネスモデル等の企画
  • (2)実証システムの開発
  • (3)実証システムの導入,運用
  • (4)実証状況の報告
  • (5)成果報告書の作成

※実証場所は県内に限る。
※各業務の詳細は,下記に掲載されている募集要領をご確認ください。

8 対象分野

対象分野は,以下のいずれかにおいて,人手不足対策,生産性向上,新たな価値創出に効果が認められるものであること。

  • (イ)自動車関連産業
  • (ロ)高度電子機械関連産業
  • (ハ)農林水産業及び水産加工・食品加工業
  • (ニ)上記以外で,AI・IoTの活用により人手不足対策,生産性向上,新たな価値創出に対して効果が認められるもの

9 応募資格

プロポーザルに応募できる者は,次の条件を満たす,本件業務受託のために結成された共同企業体であって,それぞれ次に掲げる用件の全てを満たしている者とする。
共同企業体の幹事法人を決め,幹事法人が企画提案参加申込書を提出すること。幹事法人は,県内に本社を有するIT関連企業とする。ただし,幹事法人が委託業務の全てを他の法人に再委託することは不可とする。
なお,県の「物品調達等に係る競争入札の参加資格等に関する規定」で定める登録簿に登録されていない事業者につきましても応募可能である。

1 共同企業体の全構成員が満たすべき資格要件

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(一般競争入札の参加者の資格)各号に該当する者でないこと。
(2)本事業の募集開始時から企画提案提出時までの全ての期間において,県の「物品調達等に係る競争入札の参加資格制限要領(平成9年11月1日施行)」に掲げる資格制限の要件に該当しないこと。
(3)宮城県入札契約暴力団等排除要綱(平成20年11月1日施行)の別表2各号に規定する措置要件に該当しないこと。
(4)本事業の業務を十分に遂行する能力を有すること。
(5)本公募に関して,他の共同企業体の構成員となっていないこと。

2 共同企業体としての資格要件

  • (1)共同企業体は,システム開発などの経験を有する県内IT関連企業等とシステムを業務に活用する県内ユーザー企業等で構成すること。
  • (2)県内IT関連企業等は,以下のいずれかに該当すること。
    (イ)単独のIT関連企業での応募の場合には,県内に本社を有すること。
    (ロ)複数のIT関連企業での応募の場合には,1社以上は県内に本社を有するIT関連企業が参画すること。
  • (3)県内ユーザー企業等は,県内に事業所を有し,実証場所を提供すると共に,システムの導入,運用及び実証状況の報告について,県内IT関連企業等と協力し実施すること。
  • (4)本業務を的確に遂行する組織,人員を有していること。
  • (5)本業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤及び専門的知識・経験を有し,かつ,資金等について十分な管理能力を有していること。

10 スケジュール

内容 期間
企画提案募集開始 令和元年5月7日(火曜日)
質問受付期限 令和元年5月24日(金曜日)午後5時まで
質問回答 令和元年5月31日(金曜日)
企画提案書提出期限 令和元年6月14日(金曜日)午後5時まで
企画提案書の選考(プレゼンテーション) 令和元年7月9日 ※予定
選定結果の通知及び公表 令和元年7月中旬 ※予定
契約締結及び業務開始 令和元年7月下旬 ※予定
委託契約終了 令和2年3月6日(金曜日)

11 業務委託の候補者の選考方法

公募型プロポーザル方式

12 募集要領等

13 問い合わせ先及び書類提出先

宮城県 経済商工観光部 新産業振興課 情報産業振興班(宮城県行政庁舎14階)

〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8番1号

TEL:022-211-2479 FAX:022-211-2729

e-mail:shinsanj@pref.miyagi.lg.jp

14 質問に対する回答

本業務に対する質問はありませんでした。

15 企画提案の選定結果

(1)業務委託候補者

  • 東杜シーテック株式会社,株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング,株式会社レイティストシステム,株式会社シー・テック,東日本電信電話株式会社,NECソリューションイノベータ株式会社,東北大学IIS研究センター
  • バイスリープロジェクツ株式会社,株式会社ケーヒン

(2)企画提案者

  • バイスリープロジェクツ株式会社,株式会社ケーヒン
  • アンデックス株式会社,蔵王酒造株式会社
  • 東杜シーテック株式会社,株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング,株式会社レイティストシステム,株式会社シー・テック,東日本電信電話株式会社,NECソリューションイノベータ株式会社,東北大学IIS研究センター
  • 株式会社コー・ワークス,宏和機工株式会社
  • テクノ・マインド株式会社,いちご農家小野勇悦氏

(3)評価点(点数順)

提案者A 提案者B 提案者C 提案者D 提案者E
418.9 390 388 378 377

16 セミナーでの成果報告(事例紹介)の実施

2020年1月24日(金曜日)に,「第9回全国組込み産業フォーラム」にて,選定案件2件の事例紹介を行いました。当日は,137名と多くの皆様にご出席頂き,誠にありがとうございました。

  • 第9回全国組込み産業フォーラム 地域連携セミナー
  • テーマ:「先進技術の活用で創る豊かな未来」~AI・IoT等を用いた地域課題解決と量子コンピュータの最新動向~
  • 日時:2020年1月24日(金曜日)14時40分~16時45分
  • 会場:せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター
  • 開催案内:第9回全国組込み産業フォーラム地域連携セミナー開催案内(PDF:1,034KB)
  • 当日の様子
    全国フォーラム開催の様子

17 成果報告書(公開版)について

選定案件2件の成果報告書(公開版)を掲載します。

  • (1)「先進的AI・IoTを活用した魚種選別技術の基盤構築」
    (東杜シーテック株式会社,株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング,株式会社レイティストシステム,株式会社シー・テック,東日本電信電話株式会社,NECソリューションイノベータ株式会社,東北大学IIS研究センター)
  • (2)「AIを用いた画像処理技術で製造現場における目視検査を省力化」
    (バイスリープロジェクツ株式会社,株式会社ケーヒン)

お問い合わせ先

新産業振興課情報産業振興班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
(14階北側)

電話番号:022-211-2479

ファックス番号:022-211-2729

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は