ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

感染症情報(感染性胃腸炎予防)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月23日更新

感染性胃腸炎予防について

感染性胃腸炎の流行しやすい季節です。

お腹の風邪に注意しましょう。感染性胃腸炎とは,主にウィルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。

腹痛,下痢,おう吐,発熱を主な症状としています。

詳しくはこちら嘔吐下痢症を予防しましょう[PDFファイル/333KB]をご覧ください。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎について

感染性胃腸炎の原因となるウイルスや細菌の中でも、ノロウイルスは感染力が強く、学校や施設などで集団感染を起こすことがあるので、日頃から気をつけましょう。

宮城県感染症情報「感染性胃腸炎に注意しましょう」 [PDFファイル/265KB]

腸管出血性大腸菌感染症

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)