ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす総合政策課平成15年度重点事業(8ページ/20ページ)

平成15年度重点事業(8ページ/20ページ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2004年2月20日更新

(3)人と自然が共生する地域社会の実現

平成15年度重点事業
重点
事業
No.
重 点 事 業 名
《担当部局名》
【H15予算額】
新規等の区別 事業目的事業内容
新規拡充継続
21みやぎ地球温暖化対策地域推進事業
《環境生活部》
【23,000千円】
    地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出抑制のため、新たな推進計画を策定するとともに、CO2排出量低減に向けて特定地域でのモデル事業実施等を通じ、全県的な取組を計画的に促進する。

(仮称)新・宮城県地球温暖化対策地域推進計画の策定

(新)特定地域での二酸化炭素排出量極小化に向けたモデル的取組の実施

(新)地域協議会の設置・運営による温暖化対策の全県的波及促進

  
   
22みやぎ新エネルギー等利用促進事業
《環境生活部》
【9,500千円】
   環境負荷の少ない自然エネルギー、リサイクルエネルギー等新エネルギーの導入の促進を図る。

(新)リサイクルエネルギー利用促進のための基礎調査

(新)生ごみバイオマスエネルギー施設に関する調査解析

23畜産環境総合整備事業
《産業経済部》
【903,806千円】
    家畜排せつ物処理施設の整備やたい肥還元草地、畜産施設周辺環境の整備を総合的に行い、経営の向上と畜産に起因する環境汚染の防止を図る。

家畜排せつ物の処理施設整備に対する助成

家畜排せつ物土壌還元のため草地等造成整備に対する助成

既存家畜排せつ物処理施設の改良等に対する助成

 
   
24生物を利用した水質浄化事業
《環境生活部》
【15,000千円】
   富栄養化により水質汚濁が進行している閉鎖性水域において、生物による水質浄化と多様な生態系の保持を同時に推進するとともに、その生物を食材として利用することにより地場産業の発展を図る。

海藻を活用した水質浄化機能の検証実験

微生物学的浄化能試験

住民学習会

加工・商品開発

海藻残さの飼料化・堆肥化実験・調査

25みやぎリサイクルタウン構想推進事業
《環境生活部》
【10,300千円】
   リサイクル施設の立地促進とその集積によるリサイクル団地の整備、ゼロエミッション企業の増加を図り、県内廃棄物の発生抑制や再資源化を促進する。リサイクル団地の整備促進及び企業のゼロエミッションの取組促進

-8-

前のページへ

次のページへ