ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台地方振興事務所 林業振興部林道事業実例~林業専用道上嘉太神線~

林道事業実例~林業専用道上嘉太神線~

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

林業専用道上嘉太神線について

仙台地方振興事務所では宮城県で初となる林業専用道の開設を黒川郡大和町で実施しています。

路網整備の考え方とは

林業用道路には以下の種類があります。

林道

効率的な森林の整備、地域産業の振興等を図るもの。

  1. 原則として不特定多数の者が利用する恒久的公共施設
  2. セミトレーラーの車両の通行を想定
  3. 一般車の通行も想定し安全施設を完備

 林業専用道

林道等と森林作業道とをつなぎ,主として木材生産の効率化を図るもの。

  1. 自動車道2級として管理する公共施設で、林業車両のみならず一般車両の通行,緊急時の迂回路、緊急車両の通行等も想定
  2. 10トン積トラックの走行を可能とする規格・構造
  3. 地形に沿った線形やのり高を低くするなど森林施業に使いやすく、必要最小限の構造

上嘉太神線の全体計画について

全体計画は以下のとおりです。

上嘉太神線の全体計画
施工箇所 黒川郡大和町吉田字欠入西~黒川郡大和町吉田字上嘉太神南地内
施工期間平成23年度~平成31年度(予定)
延長3,950m
幅員全長 L=3.5m 車道幅員 L=3.0m 路肩 L=0.25m
森林利用区域320.33ha うち人工林(249.19ha)天然林(71.74ha)

上嘉太神線1上嘉太神線2