ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台地方振興事務所 農業農村整備部国営附帯県営かんがい排水事業 牛橋地区の進捗状況

国営附帯県営かんがい排水事業 牛橋地区の進捗状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月20日更新

1.事業の概要

牛橋地区は宮城県の東南端に位置し、西側が阿武隈山地で地区中央部が低平な水田地帯です。さらに東側には農地開発事業で造成された畑地があり、主にイチゴ栽培が行われており、地区内の大部分は水稲及びイチゴを中心とする農業経営地帯です。
 地区内の排水は、常時には自然排水され、洪水時には牛橋排水機場により機械排水されていますが、地区内の機械排水能力不足により、降雨時には甚大なる被害を被り、不安定な営農を余儀なくされています。
 よって、本事業により排水機場の新設と排水路の改修を行い、地区雨水をスムーズに排除して被害の解消を図り、農業生産基盤の保全に資するとともに生活環境の向上を図るものです。

  • 総事業費 2,995,000千円
  • 総事業量 排水機場 1ヶ所、排水路 2,100m
  • 受益面積 455.3ha 
  • 予定工期 平成8年度~平成24年度
  • 関係町 亘理郡亘理町、山元町
  • 関係土地改良区 亘理土地改良区

2.事業の進捗

牛橋地区は、国営農地再編整備事業(旧国営農地再編パイロット事業)山元地区を含む低位部農地の排水を牛橋河口に効率的に排水し、農地の湛水被害解消を目的とする排水対策事業として採択されました。
 平成21年度までに排水機場の基礎、建家、遊水池、除塵機,ポンプや排水路の926mが完成しました。平成22年度は排水路の382mを施工中です。平成22年度末までの進捗率は69%になる予定です。

平成22年度工事

排水路 B=3.25×H=1.50×L=382m(鋼矢板護岸)

新牛橋排水機場機械設備工の写真

新牛橋排水機場機械設備工

幹線排水路JR横断函渠工(JR常磐線)の写真

幹線排水路JR横断函渠工(JR常磐線)