ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台地方振興事務所 農業農村整備部国営附帯県営かんがい排水事業 柴鳥地区の進捗状況

国営附帯県営かんがい排水事業 柴鳥地区の進捗状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年8月20日更新

1.事業の概要

 柴鳥地区は宮城県の東南部に位置しており、西側は阿武隈川が流れ、東側は太平洋に面している低平な水田地帯で、稲作やイチゴ栽培が盛んに行われている地域です。
  本地区の排水は、幹線排水路である「木倉川排水路」「九号排水路」「柴鳥排水路」を流れ「荒浜排水機場(昭和34年完成)」「荒浜第排水機場(昭和63年完成)」から排水ポンプによって鳥の海に排水されています。
  このように地域の排水を支えている「荒浜排水機場」は築40年以上経過し、老朽化により維持管理に支障が生じています。「柴鳥排水路」も土水路のため経年変化により土砂が堆積し,排水に支障をきたしています。また、本地区は地形的に低平地であるため潮位等の影響を受けやすく、降雨時には農地が湛水し、農作物に被害が生じています。
  これらの現状を改善するため、排水機場の更新と柴鳥排水路の改修を行い、地区の農業生産性向上、農業経営安定化を図ります。

  • 総事業費 1,794,000千円
  • 総事業量 排水機場 1ヶ所、排水路 940m
  • 受益面積 881.4ha
  • 予定工期 平成19年度~平成24年度
  • 関係町 亘理郡亘理町
  • 関係土地改良区 亘理土地改良区

柴鳥地区位置図

2.事業の進捗

本地区の事業内容は、荒浜第一排水機場の更新と柴鳥排水路940mの改修です。
  平成19年度から事業に着手し、平成21年度までに柴鳥排水路595mが完成しました。平成22年度は柴鳥排水路235mと荒浜第一排水機場の基礎を施工します。平成22年度末までに進捗率は29%になる予定です。

平成22年度工事

  • 排水機場 基礎工(吐水槽,放水路)
  • 排水路 B=5.7×H=1.50×L=235m(コンクリート矢板護岸)

柴鳥排水路(整備前)の写真

柴鳥排水路(整備前)

柴鳥排水路(整備後)の写真

柴鳥排水路(整備後)