ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台塩釜港湾事務所仙台塩釜港(仙台港区)における大型旅客船の航行安全対策について

仙台塩釜港(仙台港区)における大型旅客船の航行安全対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月7日更新

仙台塩釜港(仙台港区)における大型旅客船の航行安全対策をとりまとめました

 仙台塩釜港(仙台港区)への大型旅客船受入れに向けた環境整備を目的に,学識経験者,海事関係者,関係行政機関で構成する「仙台港区大型旅客船航行安全対策委員会」を平成28年12月に設置し,技術的検討を行い,大型旅客船の航行安全対策を以下のとおり取りまとめました。

1 委員の構成

<委員長>

東京海洋大学 名誉教授

<委員>

東京海洋大学 海洋工学部 教授

一般社団法人日本船長協会 副会長

仙台湾水先区水先人会 会長

宮城地区船舶代理店協議会 会長

仙台塩釜港振興会 会長

宮城県漁業協同組合 仙台支所運営委員会 委員長

<関係官庁>

第二管区海上保安本部 海洋情報部長

第二管区海上保安本部 交通部長

宮城海上保安部長

東北地方整備局 港湾空港部 港湾計画課長

東北地方整備局 塩釜港湾・空港整備事務所 所長

宮城県 土木部 港湾課長

宮城県 仙台塩釜港湾事務所 所長

<オブザーバー>

塩竈港運送株式会社 代表取締役社長

三陸運輸株式会社 代表取締役社長

東北電力株式会社 新仙台火力発電所長

株式会社フジトランスコーポレーション 仙台支店長

太平洋フェリー株式会社 東北支店長

仙台市ガス局 製造供給部港工場 製造供給部長

(順不同)

2 調査の経過

2.1 第1回委員会

  日時  平成28年12月21日(水曜日)14時~16時

  場所  漁信基ビル6階会議室

  議事  1 調査計画について

      2 大型旅客船の受入れ計画の概要および仙台港区の現況について

      3 入出港操船の安全性について

      4 係留中の安全性について

      5 ビジュアル操船シミュレーションの実施方案について

2.2 ビジュアル操船シミュレーション

  日時  平成29年1月12日(木曜日)9時30分~18時30分

                      1月13日(金曜日)9時~18時30分

  場所  調査会社 シミュレータ室

2.3 第2回委員会

  日時  平成29年2月13日(月曜日)14時~16時

  場所  漁信基ビル6階会議室

  議事  1 第1回委員会議事概要案について

      2 第1回委員会の課題と対応について

      3 ビジュアル操船シミュレーション結果をふまえた入出港操船の検討について

      4 船舶航行安全対策の策定について

      5 報告書案について

3 船舶航行安全対策

3.1 大型旅客船の運用基準

 
風   速10m/sec以下
 波   高 港外波高1.5m以下
視   程1マイル以上
着岸速度

○9万総トン級大型旅客船(アジポッド装備船)の許容最大着岸速度

(中野1~2号岸壁) 9cm/sec以下

○14万総トン級大型旅客船(バウ,スタンスラスター装備船)の許容最大着岸速度

(新高松~中野1号岸壁) 8cm/sec以下

入出港時間

日出~日没前までとする。

なお,やむを得ず出港時間が遅延した場合は,夜間出港も可能とする。

3.2 船舶航行安全対策

「仙台塩釜港(仙台港区)大型旅客船航行安全対策 調査報告書【概要版】」

(平成29年3月 宮城県土木部港湾課)を参照

仙台塩釜港(仙台港区)大型旅客船航行安全対策 調査報告書【概要版】 [PDFファイル/2.32MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)