ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策【開催報告】「洋上風力エネルギーフォーラム」を開催しました!

【開催報告】「洋上風力エネルギーフォーラム」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月19日更新

「洋上風力エネルギーフォーラム」の開催について(報告)

 平成29年3月24日(金曜日)に,ホテルメトロポリタン仙台にて「洋上風力エネルギーフォーラム」を開催しました。当日は,県内外の風力発電関連企業や一般県民の方など,約150名の方に御来場いただきました。

 洋上に風車を設置して発電を行う「洋上風力発電」は,世界ではヨーロッパを中心に導入が進んでおり,日本でも近年,今後期待される再生可能エネルギーとして全国で新たな取組が進められています。

 当日は,将来の導入に向けて,洋上風力発電について広く知っていただくため,北九州市港湾空港局 エネルギー産業拠点化推進担当部長 光武 裕次 氏及び株式会社ウィンド・パワー・エナジー 代表取締役 小松崎 衞 氏から御講演をいただいたほか,各分野にて御活躍中の皆様をパネリストとしてお迎えし,「宮城県における風力発電の可能性」をテーマにパネルディスカッションを行いました。また,風力発電関連企業等のブースを設置し,パネルや風車模型等の展示を行いました。

洋上風力エネルギーフォーラム洋上風力エネルギーフォーラム洋上風力エネルギーフォーラム

日時

平成29年3月24日(金曜日) 13時30分から16時まで

場所

ホテルメトロポリタン仙台 4階 「千代 東南」(仙台市青葉区中央一丁目1番1号)  

内容

◆洋上風力エネルギーフォーラム(13時30分~16時)

1 挨拶(13時30分~)

宮城県環境生活部 部長 佐野 好昭(代読 再生可能エネルギー室 室長 末永 仁一)
 ※環境生活部長が高病原性鳥インフルエンザの対応のため欠席。

末永室長挨拶

2 講演(13時35分~13時55分,13時55分~14時15分)

(1)「風力発電関連産業の『総合拠点』を目指して」
    北九州市 港湾空港局 エネルギー産業拠点化推進担当部長  光武 裕次 氏

光武氏講演光武氏講演光武氏講演

(2)「日本発 大規模洋上風力発電プロジェクト始動」
    株式会社ウィンド・パワー・エナジー 代表取締役  小松崎 衞 氏

小松﨑氏講演小松﨑氏講演小松﨑氏講演

3 県からの情報提供(14時15分~14時20分)

「みやぎ洋上風力発電等導入研究会について」  宮城県環境生活部 再生可能エネルギー室 技術補佐 伊藤 健治

県からの情報提供

4 パネルディスカッション(14時30分~16時)

テーマ:「宮城県における風力発電の可能性」

 ○パネリスト

  • 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻 教授  石原 孟 氏
  • 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 
      新エネルギー課 課長補佐  関 大輔 氏
  • 環境省 総合環境政策局 環境影響評価課 課長補佐  井上 直己 氏
  • 北九州市 港湾空港局 エネルギー産業拠点化推進担当部長  光武 裕次 氏
  • 株式会社ウィンド・パワー・エナジー  代表取締役  小松崎 衞 氏
  • 株式会社日立製作所 電力ビジネスユニット 新エネルギーソリューション事業部 
      新エネルギーシステム本部 チーフプロジェクトマネージャ  松信 隆 氏

 ○コーディネーター

  • 宮城県環境生活部 再生可能エネルギー室 室長 末永 仁一(環境生活部長代理)

パネルディスカッションパネルディスカッションパネルディスカッションパネルディスカッション

◆展示ブース(12時30分~16時)

風力発電事業者等による展示ブースを設置しました。

【参加企業(五十音順)】

  • 株式会社ウィンド・パワー・エナジー
  • 株式会社気仙沼市民の森風力発電所
  • 戸田建設株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社ユーラスエナジーホールディングス
展示ブースの様子
株式会社ウィンド・パワー・エナジー株式会社ウィンド・パワー・エナジー株式会社気仙沼市民の森風力発電所  株式会社気仙沼市民の森風力発電所
戸田建設株式会社戸田建設株式会社株式会社日立製作所株式会社日立製作所

株式会社
ユーラスエナジーホールディングス

株式会社ユーラスエナジーホールディングス展示ブースの様子1展示ブース
展示ブースの様子2展示ブース展示ブースの様子3展示ブース

              

資料ダウンロード

【講演】

【県からの情報提供】

【パネルディスカッション】


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)