ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策FIT法の認定を受けた太陽光発電設備(住宅用・事業用)をお持ちの方へ<FIT法遵守事項について>

FIT法の認定を受けた太陽光発電設備(住宅用・事業用)をお持ちの方へ<FIT法遵守事項について>

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月13日更新

1 目的

県では,県内太陽光発電設備の長期安定的な発電環境の整備を図るため,FIT法の認定を受けた太陽光発電設備(住宅用・事業用)をお持ちの方を対象として,FIT法の遵守すべき事項について情報提供を行います。

 ※FIT法:電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

2 FIT法遵守事項等について 

FIT法遵守事項


 平成29年4月から改正FIT法が施行され,住宅用,事業用にかかわらず全ての太陽光発電設備の適切な保守点検や維持管理が求められています。また,設備を囲う柵塀等の設置(※1)や,発電事業者名等を記載した標識を設置(※2)する必要があります。

 さらに,設置費用や運転費用等の定期報告(※3)を経済産業大臣に対して行うことが求められています。

 遵守事項等の詳細については,資源エネルギー庁HP「なっとく!再生可能エネルギー(固定価格買取制度)」及び遵守事項の詳細は「事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)」をご覧ください。

(※1) 設置が困難な場合(屋根置きや屋上置き等)や第三者が設備に近づくことが容易でない場合(塀付きの庭に設置等)は省略可。

(※2) 所有者が明確である場合(屋根置きや屋上置き等)は除く。

(※3) 設置費用報告:発電設備が運転開始した日から1ヶ月以内

     運転費用報告:発電設備が運転開始した月の翌月末までに毎年1回(ただし,10kW未満の設備については,別途,経済産業大臣が求めた場合に限り報告をお願いします)

     増設費用報告:出力を増加させた場合,増加した出力で運転開始した日から1ヶ月以内(増設した結果,10kW以上の設備とならない場合は不要)

<設備IDの頭文字がFの太陽光発電設備は,定期報告は不要です>

FIT法に違反した場合


 経済産業省の指導の対象となり,指導後に改善されない場合はFIT認定が取り消しになる可能性があります。

改正FIT法遵守事項普及啓発チラシ [PDFファイル/2.1MB]

FIT法遵守事項啓発チラシ(イメージ画像)
2019FIT2019FIT

 

太陽光発電設備の保守点検をお考えの方へ


 県では,太陽光発電の長期安定的な発電環境を整備し,太陽光発電関連産業の活性化を図るため,宮城県内の太陽光発電保守点検事業者をデータベース化し,保守点検事業者に関する情報(連絡先や保守点検サービス内容)を提供しています。

   「宮城県太陽光発電設備保守点検事業者データベース登録制度」を創設しました (※4)

(※4) このデータベースは,各事業者で対応可能な保守点検に関する情報をとりまとめて県民の皆様にお知らせするものであり,県が保守点検事業者を認定するものではありません。保守点検の依頼は,直接,各事業者にお問い合わせください。

3 FIT法遵守事項に関する注意喚起について(資源エネルギー庁)

新FIT制度に基づく標識、柵塀の設置義務に関するお知らせ(注意喚起)

(2018年11月8日 資源エネルギー庁)

定期報告に関するお知らせ(注意喚起)

(2018 年7月23日 資源エネルギー庁)

※太陽光発電に関する最新の情報は,なっとく!再生可能エネルギー(資源エネルギー庁)にてご覧いただけます。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)